1,000馬力で3億4千万円! サーキット専用マシン「マクラーレン P1 GTR」がついに公開
マクラーレンは、現在のフラッグシップ・モデルであるハイブリッド・スーパーカー「マクラーレン P1」をサーキット専用に仕立てた「マクラーレン P1 GTR」のデザイン・コンセプトを、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスの会場で公開した。

Related Gallery:McLaren P1 GTR: Monterey 2014 Photos

Related Gallery:McLaren P1 GTR official

2013年に正式発表されたマクラーレンのフラッグシップ・モデル「マクラーレン P1」は、3.8リッターV型8気筒ツインターボ・エンジンとそれをアシストする電気モーターで構成された、ハイブリッド・パワートレインを搭載するロードゴーイング(公道走行可能な)スーパーカー。その合計最高出力は916psにも達し、9,661万5,000円という価格(日本における消費税込み価格)で375台が限定販売されることになっている。今回、ペブルビーチに集まった裕福なエンスージァスト達の前で、"デザイン・コンセプト"という形で公開されたマクラーレン P1 GTRは、公道走行のための法規と実用性に縛られず、サーキット走行に特化することでマクラーレン P1の潜在性能をフルに引き出したモデルということになる。



マクラーレンによれば、その目標は「世界で最も優れたサーキット走行用ドライバーズ・カー」。カーボンファイバー製ボディは空力性能とパワートレインの冷却性能を向上させるために、P1からいくつかの変更が施されている。リア・ウイングは大型で固定式のものが装着され、格納式リア・スポイラーを装備するロードカーの車体後部に内蔵されていた可動用の機構が不要となったため、エンジン・ベイ後方のボディワークがより空力的に最適化された。このリア・ウイングにはF1マシンでお馴染みのDRS(ドラッグ・リダクション・システム)が搭載されており、コーナーではダウンフォースを増やし、直線では空気抵抗を減らすことが可能だ。フロント・ホイールの前に装備されたアクティブ・エアロダイナミック・フラップはこのDRSと連動し、車体前後の空力バランスも常に最適に調整される。



フロントにはアグレッシブに突き出したスプリッターや、ホイールアーチ後方に「エアロダイナミック・ブレード」と呼ばれるフィンが装着され、ボディ両脇のラジエーターにより大量の空気を導くためにサイド・パネルも追加されている。Aピラーに移設されたサイド・ミラーは、ドライバーの視点移動と空気抵抗の双方を減らすため。ルーフには"先祖"にあたる1990年代の伝説的な「マクラーレン F1 GTR」と同様に、"シュノーケル"と呼ばれるエア・インテークが備わる。



リアのディフューザーも大型化され、インコネルとチタニウム合金で製造された専用開発のエキゾーストには、ロードカーのP1で見られた台形のシングル・テールパイプに替わり、露骨な2本の丸型パイプが後方に伸びている。これはもちろん、レース用にチューンされた3.8リッターV型8気筒ツインターボの排気効率を、騒音規制や環境適合性にとらわれず、最大限に高める意図がある。エンジンとモーターによる合計最高出力は1,000psに高められているという。

サーキットの路面に合わせてローダウンされたサスペンションも固定式。19インチのセンターロック式ホイールにはピレリと共同開発された専用のスリック・タイヤが装着される。フロントのトレッドは80mm拡大されているそうだ。



なお、ロードバージョンのP1が全て生産終了してから市販化に向けた製造が始まると言われているこのマクラーレン P1 GTRは、マクラーレン・オートモーティブで特別なモデルを手掛ける部門「マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)」が、製造だけでなくメインテナンスや走行に関する様々な作業を担当するそうで、顧客は「マクラーレン P1 GTR ドライバー・プログラム」に参加し、世界各地の有名サーキットでこれを走らせることになるという。

このプログラムは、マクラーレンによれば「超特権的なオーナーズ・クラブ」で、専門家による運転技術のトレーニングやレーシング・シミュレーターの活用など、「マクラーレン P1 GTRの性能を存分に使えるように、ドライバーの身体および精神を準備する」ため、世界最高峰のF1チームを擁するマクラーレンのテクノロジーや人的リソースを利用することが出来るという。特別製のクルマだけでなく、こうした特別な"体験"も込みで、限られた人たちに提供されるというわけだ。かなりスパルタンでハードな特訓を想像してしまうが、プログラムはオーナー各自の能力に合わせて行われるというのでご安心を。



予定価格は198万ポンド(約3億4,000万円)で、ロードカーのマクラーレン P1をすでに所有している人にのみ、オファーが行われるという。ちなみに今回展示された車両が纏っていたシルバーとオレンジ色のカラーリングは、マクラーレン F1 GTRのテスト車両に倣ったものだとか。レースで活躍した偉大な先祖のように、20年後にプレミアが付くかどうかは分からないが、並外れた資産と情熱とP1をお持ちの方は、是非ご注文を。そうでない方もギャラリーにご用意した現地からの写真を是非ご覧いただきたい。


By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:McLaren P1 GTR: Monterey 2014 Photos

Related Gallery:McLaren P1 GTR official

【PR】マクラーレン P1 GTRの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2015 McLaren P1: First Drive Photos

Related Gallery:McLaren P1 Photos

Related Gallery:Mclaren P1 Geneva 2013 photos

Related Gallery:McLaren P1 - Live Beverly Hills Preview Photos

Related Gallery:McLaren P1 Paris 2012 Photos

Related Gallery:McLaren F1 GTR - Gulf Davidoff

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 04

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 08: AIWA

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 07