ダッジ、最高出力707hpの4ドアセダン「チャージャーSRTヘルキャット」を発表!
Related Gallery:2015 Dodge Charger SRT Hellcat: Live Photos

クライスラーは、4ドア・スポーツセダン「ダッジ・チャージャー」に707hpのエンジンを積んだ高性能バージョン、「ダッジ・チャージャー SRT ヘルキャット」を発表した。

今年5月にダッジが、2ドア・クーペ「チャレンジャー」シリーズの最強グレードとして、最高出力707hpを発揮する「チャレンジャー SRT ヘルキャット」を発表したことはこれまで何度かお伝えした通り。さらに今回、より大型の4ドア・セダン「チャージャー」にも「ヘルキャット」バージョンが登場した。

その手法はチャレンジャーと同じ。エアの吸入/排出口が開けられたフロント・フードの下には、最高出力707hp、最大トルク89.9kgmを発揮するスーパーチャージャー付き6.2リッターV8エンジンを搭載し、60mph(約96km/h)まで3.7秒で加速、最高速度は204mph(約328km/h)に達するという。車両重量が4,560ポンド(約2,068kg)と、チャレンジャーよりもわずかに"重い"ため、ストリート用タイヤでは1/4マイル(約400m)を11秒で走り、チャレンジャーに比べると0.2秒速いタイムを記録したそうだ。トランスミッションもチャレンジャー SRT ヘルキャットと同じ、高出力に耐えられるよう特別に設計された8速ATが組み合わされる。足元には20インチ・ホイールとピレリ「Pゼロ」タイヤ、ブレンボ製ブレーキが備わり、トランク・リッドには(チャレンジャーと異なり)ボディ同色で塗られたスポイラーが装着されている。



ダッジとSRTのCEOであるティム・クニスキス氏は、「ビジネスとしてではなく、ブランドを築くために作ったクルマだ」とコメントしている。クライスラーは理論上、他にも様々な"ヘルキャット"バージョンを誕生させることが可能なわけで、ジープ「グランドチェロキー」や「ラム1500」でこのバージョンを作れば喜ぶ人がいるかも知れない。

同車は、8月15、16日に開催されたウッドワード・ドリーム・クルーズで展示され、来年早々に発売される予定だ。価格はまだ発表されていないが、今秋には詳細が明らかになると予想される。画像とプレスリリース(英語)をぜひご覧いただきたい。


By Greg Migliore
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2015 Dodge Charger SRT Hellcat: Live Photos

【PR】「チャージャーSRTヘルキャット」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2015 Dodge Challenger SRT Photos

Related Gallery:2015 Dodge Challenger SRT Hellcat First Drive Photos

Related Gallery:2014 Dodge Charger, Challenger 100th Anniversary Edition Photos

Related Gallery:2011 Dodge Charger

Related Gallery:2015 Dodge Charger Pursuit Photos

Related Gallery:1964 Dodge Hemi Charger concept

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-13

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-14

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-15