【ビデオ】半身不随のレーサーとレーシングゲーム『フォルツァ』を巡るちょっといい話
レーシングゲームは、ただの趣味や暇つぶしだと思うかもしれない。ところがレーサーにとっては、命の危険を冒すことなく手軽にコースやレースの技術、クルマのセットアップを学ぶことができる強力なツールでもある。あの佐藤琢磨選手も太鼓判を押すオンラインシミュレーションレース『iRacing.com』だけではなく、Xbox用レースシミュレーションゲーム『Forza Motorsport』やPlayStation用『グランツーリスモ』シリーズといったゲーム機用のソフトも、プロアマ問わずあらゆるタイプのレーサーに練習の場を提供しているのだ。

元モトクロス選手であったマリオ・ボンファンテ Jr.氏は、2006年にBMXを運転中に首の骨を折るひどい事故を起こし、現在は腕を動かすことしかできず、車いす生活を送っている。そして今、自動車レースに夢をかける彼にとって『Forza Motorsport』は特別な意味を持つ。彼の乗るBMW「M3」(2002年式E46型)ベースのレーシングカーは、腕だけで運転できるよう大幅な改造が施されているが、その完璧なセットアップを作り上げるのに、このゲームがシミュレーターとして一役買っているのだ。

それでは早速、ハンディキャップをものともせずレースに情熱を傾ける同氏の雄姿をチェックしてみよう。ちなみに今回のビデオは、2部作の前編。後編は来月公開される予定だ。



By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Fable 3 (economy)

【PR】レーシングゲームの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:Magicka (Woot DLC)

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:

Related Gallery:Tokyo autosalon 2013 girls 09 05

Related Gallery: