【レポート】未来のクルマのインテリアは、色を好みで自由自在に変えられる?
Related Gallery:

クルマのシートに腰を下ろして、「ブラックで統一されたインテリアを、今日の気分に合わせてもっと明るいベージュに変えたい」とか、「これから乗って行く場所に、赤のインテリアでは派手すぎる」などと思ったことはないだろうか? 自動車内装部品などを製造する米ジョンソン・コントロールズ社が、そんな悩みを解決してくれるかもしれない。

米の自動車サイト『Automotive News』によると、同社は調節可能なアンビエント照明から発想を得て、ドライバーの好みや気分に合わせて樹脂部分の色が変えられるインテリアを開発中だという。

このプロジェクトは中国のYanfeng Automotive Trim Systemsとの合併事業で、75億ドル(約7600億円)の売上高を見込み、デュッセルドルフ、上海、ミシガン州ホランドの3つの研究開発センターで進められている。これと並行して強力な消臭フィルターも開発しており、これらのシステムはドライバーが入れ替わるカーシェアリングにおいて、特に効果を発揮するという。

まだ構想段階ではあるが、近い将来に気分次第でインテリアカラーを変えられる日がくるかもしれない。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2014 Jeep Grand Cherokee SRT: First Drive Photos

【PR】自在なインテリアの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Shinobii Technologies TT Champion Bat for Wii

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Viber 3.0

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Nikon Coolpix S800c

Related Gallery:

Related Gallery:tokyo-autosalon-girls_06