アストンマーティンのオーダーメイド部門「Q by Aston Martin」が手がけた特別モデル4台が公開へ
人とは少し違うアストンマーティンがお望みなら、"Q"にオーダーするといい。といっても、デスモンド・リュウェリンが演じてきたMI6の研究開発部門のことではない。アストンマーティンのカスタマイズ部門「Q by Aston Martin」のことである。今回は、同社がぺブルビーチ・コンクール・デレガンスで公開するという、Qによるさまざまなタイプの4台の特別仕様車の画像をご紹介しよう。

まず1台目は、同社のフラッグシップカー「ヴァンキッシュ・クーペ」。アストンマーティンには珍しい"Abor Orange"と名付けられた目を引くオレンジ色のボディーに、通常の2倍のカーボンファイバーを使用した、ツイル(綾織り)が立体的に見えるカーボン・パーツを組み合わせた仕上がりとなっている。インテリアでは、オブシディアン(黒曜石)・ブラックレザーに鮮やかにくっきりと描かれた、カーボンの分子構造をモチーフにしたという模様が印象的だ。



風を切って走りたい人のために、Qは2タイプのオープントップ・モデル「ヴォランテ」も用意している。「ヴァンキッシュ・ヴォランテ」は、フロステッド・シルバーのボディカラーに、グラファイトで塗装された10スポークのアロイホイールと、クラシックなポリッシュ仕上げのブレーキ・キャリパーを組み合わせたシックな装い。インテリアはチェスナット・タンの革張りで仕上げられ、サドルレザーで製作したアクセサリーが後部座席の中央に収まる。



DB9 ヴォランテ」のテーマは"贅沢と個人主義"。アシェン・ブロンドという温かみのあるシルバーのボディに、ブラッシュ・パールと呼ばれるピンク色のレザーと、高級家具から着想を得たというピアノ・アイス・モカのパネルを組み合わせたインテリア、そして「Q」のエンブレムにはロードクロサイト(菱マンガン鉱)の天然石が使われている。



「V12ヴァンテージS」はボディにパープル・アメジストのペイントを施し、フロント・グリルとリア・ディフューザー部分はモントレー・パールという淡いブルーで仕上げられている。インテリアは、ヴァンキッシュと同じオブシディアン・ブラックのレザーだが、ヴィヴィッド・パープル・レザーのアクセントが各部に用いられている。ヘッドライナーやグローブボックスなども同色で仕上げられており、華やかな印象を受ける。



それでは早速、下のギャラリーに用意した画像で、Qがカスタマイズした4台のアストンマーティンをチェックしてみよう。もっと詳しく知りたい場合は、プレスリリース(英語)をどうぞ。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Aston Martin Vanquish by Q Photos

Related Gallery:Aston Martin Vanquish Volante by Q Photos

Related Gallery:Aston Martin DB9 Volante by Q Photos

Related Gallery:Aston Martin V12 Vantage S by Q Photos

【PR】アストンマーティンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2015 Aston Martin V12 Vantage S by Q

Related Gallery:2012 Aston Martin Virage by Q Geneva 2012 Photos

Related Gallery:Q by Aston Martin

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 05

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-36

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-40