キャデラック、高級SUV「エスカレード」に8速ATを採用 最上級仕様「プラチナム」も登場!
GMは、高級SUV「キャデラック エスカレード」を、さらにラグジュアリィに仕立てたトップ・グレード「プラチナム・コレクション」を発表。同時に標準モデルのエスカレードにも8速ATを採用するなど、アップグレードが加えられた。

Related Gallery:2015 Cadillac Escalade Platinum Collection Photos

アメリカ本国では今年の4月から、2015年モデルとして販売されている4代目キャデラック エスカレード。先代に引き続き、この新型にも最高級グレード「プラチナム」が登場した。

最大の魅力は、選び抜かれた素材を用いて職人が手作業で仕上げるというインテリア。前席と2列目シートには、塗膜の薄いセミアニリン仕上げのナッパレザーを採用し、ダッシュボードやセンター・コンソールもハンド・スティッチが施された革張りとなる。

快適装備もより充実しており、前席にはヒーター&クーラー機能付き18段階調整式電動シートを標準装備。運転席にはマッサージ機能も内蔵される。後部座席の乗員のためには、オーバーヘッドに搭載された9インチ・スクリーンに加え、前席のヘッドレストに7インチLCDスクリーンを内蔵。センター・コンソールには飲み物を冷やす冷蔵庫も備わる。

エクステリアでは、22インチ・ホイールとクローム・アクセント、そしてメッシュ・デザインのフロント・グリルが装着される。新デザインとなったエンブレムは、エスカレード全車で今後採用されるそうだ。




また、今回は標準モデルのエスカレードにも様々なアップグレードが加えられた。トランスミッションは従来の6速に替わって8速ATが全車に採用され、4輪駆動モデルには2段副変速機が装備された。4G LTE回線を使った通信機能も搭載され、WiFiを介して最大7台までの機器が接続できる。他にも駐車時に車両の周囲を確認できるサラウンド・ビュー・カメラや、手を使わずにリア・ゲートを開けるだけでなく閉めることも出来るようになったハンズフリー・リフトゲートも採用されている。

これらの機能が付いたことから、輸送費込みの価格は1,275ドル値上げされて7万3,965ドル(約757万円)から。エスカレード・プラチナムは今年の第4四半期に発売が予定されており、9万270ドル(約923万円)からとなっている。

日本でも個性的な高級車として人気の高いモデルなので、8速ATやサラウンド・ビュー・カメラの採用は朗報だろう。これを機会に日本市場にも新型が導入されることを期待しよう。


By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2015 Cadillac Escalade Platinum Collection Photos

【PR】エスカレードの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2015 Cadillac Escalade: LA 2013 Photos

Related Gallery:2015 Cadillac Escalade Photos

Related Gallery:2014 Cadillac ELR Photos

Related Gallery:2015 Cadillac ATS Coupe Photos

Related Gallery:Cadillac Elmiraj Concept: Monterey 2013

Related Gallery:2014 Cadillac XTS

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 09

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 02

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 08: AIWA