【レポート】シューマッハの医療記録を盗んだとされる容疑者が自殺
昨年末のスキー事故から約半年間の昏睡状態に陥っていたミハエル・シューマッハ。先日、彼の医療記録が盗まれるという事件についてお伝えしたが、その容疑者とされる男性がスイスの拘置所で首を吊って死亡していたことが分かった。公式の発表によると、容疑者の死に第三者が関与した形跡はなく、容疑者の名前についても明らかにされていない。

事件の発端は、仏グルノーブル大学病院(GHU)からシューマッハの治療状況をまとめた数十ページにおよぶ医療記録が盗まれ、6万スイスフラン(約680万円)でメディアに売り出されていたことだった。その後、フランスの警察が調査を開始し、犯人からメディア宛に送信されたEメールを調べてIPアドレスを割り出したところ、GHUからシューマッハをスイスのリハビリ施設に移送する予定だったヘリコプター会社の名前が浮かび上がった(実際の移送は救急車で行われた)。同社は移送に先立ち、シューマッハの医療記録のコピーを受け取っていたという。その後の捜査はスイス警察に引き継がれ、これから詳しい調査が行われる予定だった。

米スポーツ情報メディア『Fox Sports』によると、容疑者は8月5日に逮捕されたという。しかし、容疑者は容疑について否認。警察はさらなる事情聴取を予定していたが、今回の容疑者の死亡を受け、捜査は早々に幕引きになるとみられる。

シューマッハは既に、数カ月におよぶ昏睡状態から脱し、6月にスイスのリハビリ施設に移送されている。それ以来、シューマッハの家族は彼の状態について情報公開はしていない。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】シューマッハの回復を祈ると同時に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Google Nexus 7 Software

Related Gallery:

Related Gallery:Tesla Roadster arty

Related Gallery:

Related Gallery:Dungeons and Dragons Online Update 8 Adventure Pack

Related Gallery:Samsung Galaxy Note 10.1

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Samsung ATIV Windows 8 tablet hands-on

Related Gallery:Pentax X-5 con Super Zoom 26x

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 05