Bildagentur Kräling
フォルクスワーゲンは、自動車レース(ラリー)の最高峰「FIA 世界ラリー選手権」の第 8 戦「ラリー・フィンランド」に市販車をベースとした3台の「ポロ R WRC」で参戦、地元フィンランドの ヤリ‐マティ ラトバラ選手が今季3度目となる優勝を飾った。チームはこれで今季無敗の8勝目。 2013 年の第10戦「ラリー・オーストラリア」以降、連勝記録を12に伸ばした。

 2014年7月31日〜8月3日にかけて開催された「ラリー・フィンランド」は、ヘルシンキから北に約300kmの都市ユバスキラを拠点とした「グラベルラリー」。SSは26、SS距離360.94km、総走行距離1625.13kmで争われた。

Bildagentur Kräling Bildagentur Kräling

 ラリーは31日夕方にスタート。母国イベントで気合いの入るラトバラ選手は首位、セバスチャン オジェ選手は僅差で総合2番手、アンドレアス ミケルセン選手は総合6番手でそれぞれ初日を終えた。続く8月1日はラトバラ選手が首位を堅守、オジェ選手はひとつ順位を落としたが、 ミケルセン選手が総合4番手に躍進。8月2日、ラトバラ選手は総合2番手に浮上してきたオジェ選手と僅差の戦いとなり、最終日の8月3日もそのまま首位を守り、今期3度目の勝利を飾りった。オジェ選手は2位、ミケルセン選手は4位でラリーを終えた。

Bildagentur Kräling

 フォルクスワーゲン モータースポーツ ディレクター: ヨースト カピートは、「今回の 1-2 位独占で、次戦ドイツでマニュファクチャラーズ選手権を獲得できる可能性が出てきまし た。

Bildagentur Kräling Bildagentur Kräling

 1位のラトバラ選手は大きな期待と重圧がかかるなかで見事な勝利を飾ってくれたと思います」
 セバチャン オジェ最終結果:総合2位「残念ながら勝つことはできませんでしたが、素晴らしいバトルをすることができたと思います。母国 ラリーで勝利を挙げたヤリ‐マティ(ラトバラ)とミーカ(アンティラ)にお祝いを言いたいですね」
ヤリ‐マティ ラトバラ(フィンランド) 最終結果:総合1位「2010 年以来となる母国での勝利は、私たちにとって特別なものです。週末を通じてポロ R WRC は 完璧でした。土曜日にトラブルが出た時も、諦めず戦い続けたことがこの結果につながりました」 と語った。





■フォトギャラリー
Related Gallery:volkswagen WRC Rally finland 2014

■関連
Related Gallery:Volkswagen Fest 2014 Driving Program

Related Gallery:Volkswagen Polo R WRC 2013