国内各自動車会社が、生産・販売状況について発表した。

■国内・海外生産(2014年6月)
トヨタ
国内生産は、278,329台(前年比98.5%)と、前年同月実績を下回った。
海外生産では、北米・中南米・欧州・アジア・アフリカで増加。6月としては過去最高記録の495,318台(前年比107.5%)と、2ヶ月ぶりに前年同月実績を上回った。

ホンダ
国内生産は、87,635台(前年比147.5%) 、アジア生産が82,268台(前年比132.4%)と、すべての月を通して過去最高。世界生産389,330台(前年比114.5%)・海外生産301,695台(前年比107.6%)・中国生産82,268台(前年比132.4%)が6月として過去最高を更新。

日産
国内生産は、77,865台(前年比-15.3%)と前年実績を下回った。
グローバル生産は441,719台(前年比5.6%)、海外生産は、363,854台(前年比11.5%)と、前年実績を上回り、6月として過去最高記録を更新。

マツダ
国内生産は、乗用車81,745台(前年比6.8%)、商用車1,359台(前年比2.0%)がともに増となり、83,104台(前年比6.7%)と、前年同月実績を上回った。
海外生産は、乗用車が26,526台(前年比57.7%)増となり、30,814台(前年比32.0%)と、前年同月実績を上回った。

スバル
国内生産は、59,924台(前年比14.9%)と、北米市場を中心にインプレッサシリーズとフォレスターの販売で、前年超え。
海外生産は、11,765台(前年比-12.0%)と、前年割れ。

スズキ
国内生産は、92,842台(前年比117.5%)と、前年を上回った。
海外生産は、インドネシア、タイ等で減少したが、インド、中国、ハンガリー等で増加し、143,909台(前年比114.4%)と前年を上回った。

ダイハツ
国内生産は、軽自動車が68,478台(前年比6.5%)増加し、69,573台(前年比+5.7%)と、2ヶ月連続前年同月実績を上回る。
海外生産では、インドネシア、マレーシアともに増加し、42,259台(前年比22.0%)と、2ヶ月振り前年同月実績を上回る。
グローバル生産は、国内・海外ともに増加し、111,832台(前年比11.3%)と、前年同月実績を上回った。

三菱
国内生産は、乗用車60,161 台(前年比135.1%)、商用車8 台(前年比0.1%)、合計60,169台(前年比118.6%)と、全体で14ヶ月連続の前年比増となった。
海外生産では、50,385台(前年比96.5%)と、2014年5月以来、2ヶ月連続前年比減。




■国内・海外販売(2014年6月)
トヨタ
軽自動車の販売は、1,859台(前年比60.9%)、合計では、126,675台(前年同月比98.5%)と、前年同月実績を下回った。

ホンダ
国内販売の合計72,913台(前年比121.6%)と、前年同月実績を上回った。

日産
グローバル販売は、441,883台(前年比5.1%)と前年実績を上回った。
国内販売は、国内登録31,516台(前年比-15.5%)、軽自動車18,780台(前年比-1.9%)合計50,296台(同-10.9%)と前年実績を下回った。
海外販売は、391,587台(同+7.6%)と前年実績を上回り、6月として過去最高を記録した。

マツダ
乗用車12,354台(前年比-26.3%)、商用車2,120台(-7.0%)と、ともに前年同月実績を下回り、合計14,474台(前年比-24.0%)となった。

スバル
登録車は8,016台(前年比-24.3%)、軽自動車は2,778台(前年比-37.9%)と、前年割れとなり合計10,794台(前年比-28.4%)となった。

スズキ
国内販売は合計で、67,652台(前年比111.5%)となり、軽四輪車は、60,638台(前年比113.1%)と、前年を上回る。登録車は、7,014台(前年比99.3%)と、全体では前年をわずかに下回った。

ダイハツ
国内販売は、軽自動車59,838台(前年比9.6%)増加し、3ヶ月ぶりに前年同月実績を上回り、合計60,020 台(前年比9.3%)となった。
海外販売は、インドネシア、マレーシアともに増加し34,840台(前年比6.1%)、3ヶ月ぶりに前年同月実績を上回った。
国内、海外ともに増加、94,860 台(前年比8.1%)と、3ヶ月ぶりに前年同月実績を上回った。

三菱
登録車3,759台(前年比123.1%)、軽自動車6,501台(前年比57.1%)合計10,260台(前年比71.0%)となり、全体で8ヶ月ぶりの前年比減となった。