【ビデオ】米海兵隊が開発に意欲を見せるGUSS(無人軍用車両)
今回は、米海兵隊が開発中の無人軍用車両をご紹介しよう。

この映像が撮影されたのは、ハワイのオアフ島にあるカフク(Kahuku)訓練場。ビデオには、先月から始まった日本の自衛隊も参加する環太平洋合同演習(リムパック2014)の最中に、米海兵隊戦闘研究所によって行われた無人軍用車の試験走行の様子が収められている。

映像に登場する無人軍用車、GUSS(Ground Unmanned Support Surrogate)は、戦場における兵士の危険度を減らすことを目的に開発された自動運転が可能な車両で、複数のセンサーとともに、天候を問わずあらゆる地形や昼夜の識別をしながらナビゲーションを行うようにプログラミングされたコンピューターを搭載しているのが特徴。また、映像の後半にあるように、状況に応じて有人で動かすこともできる。

見た目はジープというよりも、武装したATV(全地形対応車)を思わせるGUSS。自動運転時の最高速度はわずか時速5マイル(約8km/h)ほどなので、自動運転機能のついたHMMWV(高機動多用途装輪車両:通称ハンビー)に比べるとその有用性は劣る。だが、これはまだプロトタイプの段階だ。今後、この技術が広がりを見せることを期待しよう。




By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Logitech Revue Video Camera hands-on!

Related Gallery:Jolla 手機照片樣本

Related Gallery:Dell Venue Pro con WP7 anunciado oficialmente

Related Gallery:

Related Gallery:Panasonic Lumix GF2 sample images

【PR】GUSSの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Michael Phelps: Push the Limit (5/4/11)

Related Gallery:

Related Gallery:tokyo-autosalon-2013-girls01-03