【レポート】「犯人が銃撃」」「爆弾を搭載」 FBIが「自動運転車は凶器になる」と懸念
実用化に向けて開発が進む自動運転車。グーグルが完全自動運転車の走行テストを行っているほか、日産メルセデス・ベンツも同様の技術を開発中であると明らかにしている。一方で、先端技術も使い方を誤ると危険との指摘もあり、先日はそれを皮肉とブラックユーモアを交えて伝えるコメディ映像もご紹介した。しかし、米のFBI(連邦捜査局)は笑い事では済まされない、より深刻な事態を懸念しているようだ。

英の日刊紙『ガーディアン』は、先頃FBIが作成したこの種の技術に関する悪意ある使い方の可能性についてまとめられた非機密報告書を入手し、その内容を掲載した。その報告書の中でFBIは、犯罪者による自動運転車の悪用方法を考えられる限り洗い出しており、最悪なシナリオを想定している。そのほとんどは現時点では技術的に不可能だが、同紙は「無人運転車は警察と犯罪者のクルマの使用方法を大きく変えるだろう」と伝えている。

FBIが最も懸念を抱いているのは単純に、自動運転車なら運転手がハンドルを握らず運転に集中しなくてもよい点だ。追跡時に、犯人がクルマを自動運転に切替え、追ってくるパトカーに対して発砲してくる可能性もある。さらに、自動運転車を不正に乗っ取り武器として使用したり、テロリストが自動運転車に爆弾を積み、それを突入させることも可能だろう。

しかし同時に自動運転車には弱点もある。報告書では、自動運転車なら監視が簡単になると予測。現在位置を割り出すことや、街中にある監視カメラなどによって、ピンポイントで目的の車両を写真やビデオに収めることも容易だという。

現時点では、自動運転車はまだ公道における限られたテスト走行が行われている段階で、FBIが想定するようなことのいくつかでさえ実行するのは難しい。とは言え、こういった脅威が現実のものとなるのは、ほんの数年後かもしれない。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Google Self-Driving Car

【PR】自動運転車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Volvo Autonomous Self-Parking Car Concept Photos

Related Gallery:Nissan Leaf Autonomous Drive Photos

Related Gallery:Audi Autonomous TTS Pikes Peak

Related Gallery:Knight 2000 Replica

Related Gallery:David Hasselhoff's KITT Replica

Related Gallery:knight2000

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 08: AIWA

Related Gallery:Samsung Galaxy Nexus Kamerabilder

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 06