【試乗記】楽しく、気持ちよく走れるホンダCB250F
Hondaから、新型軽二輪ロードスポーツ、CB250Fが8月1日から発売される。それに先駆け、7月11日、発表試乗会が行われた。

Related Gallery:Honda CB250F

このCB250Fは、2011年に発売されたCBR250Rのネイキッドタイプ。本年4月に発表されているCBR225ORと同様に「モーターサイクルの楽しさ、喜びを手軽に体感!」を開発の狙いに、さらに入門者を始め幅広いユーザーに向けた「ニューライトシングルネイキッド」とされる。

スタイリングは、昨今のヨーロッパのネイキッドモデルのトレンドとなりつつあるフロント周りのヘッドライト、メーター等を低く配置し、量感を与えられた燃料タンク部を経て、シャープなリアカウルに抜けるような流れを持つマスフォワードプロポーションと呼ばれるもの。

フロントにはデザイン的にも特長となる燃料タンクの斜め下にシュラウドを装備、アンダーカウルも採用されている。ホンダ車の中にあっては特異な存在感を放っている。

また、このスタイリングでは、アップライトながらフラットでやや幅のあるハンドルバーを採用し、ライダーが若干両腕の肘を開いたようなポジションでグリップを握るとしっくりくるフォームが創りだされている。これによって、フロントタイヤに依存するポジションとなりフロントの周りのグリップ感を感じやすくなり、フロントグリップを意識した走りが自然に出来上がる。



エンジンは、CBR250Rと同様の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ単気筒を採用。吸排気系の変更により、最高出力の引き上げと中低速域の扱いやすさの向上、高速域の伸びの良さももたらされている。

また、250ccクラスのスポーツバイクではトップクラスであった燃費性能もさらに磨きがかかり、新たなピストンコーティングの採用によって、オイル保持性を向上させてフリクションロスの低減を実現している。加えて、高出力化に伴い、クランクピンの素材変更による強度向上、負荷増大に対応するためにバランサーのベアリングのサイズアップ等も施されている。

さらには、6速ミッションが全体にクロスしたレシオに変更されており、このCB250Fに大きな魅力をもたらしている。このミッションのおかげで、中速以上の回転域を常にキープして走ることが容易になり、タウンユースはもちろん、ワインディングでも機敏に楽しく走ることが出来るからである。

フレームはトラス構造のダイヤモンドタイプで、足周りも同様にCBR250Rと同様だが、やはり、車体デザインとライディングポジション、それにマッチした動力性能がこのモデルの最大の特長であり魅力である。




もちろん、車両価格も適切に抑えられていて、通勤通学、街乗り、ちょっとしたツーリングに、何よりワインディングロードを楽しむにも手頃であり、ビギナーからベテランまで、沢山のライダーが気持ちよく楽しく走れる1台でもある。

さらに、言及すれば、少し経験のあるライダーなら思い切りエンジンのパワーを使い切って走る楽しさを味わえるだろうし、自分好みに手を加えたくなるポイントもわかってくるはず。このCB250Fは丁度良い素材でもある。

Specifications Honda CB250F
車名・型式:ホンダ・JBK-MC43
全長(mm):2,035
全幅(mm): 760
全高(mm): 1,045
軸距(mm): 1,380
最低地上高(mm): 150
シート高(mm): 780
車両重量(kg): 158[ABS仕様161]
乗車定員(人): 2
最小回転半径(m): 2.5
エンジン型式: MC41E
エンジン種類: 水冷4ストロークDOHC 4バルブ単気筒
総排気量(㎤): 249
内径×行程(mm): 76.0×55.0
圧縮比: 10.7
最高出力(kW[PS]/rpm): 21[29]/9,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm): 23[2.3]/7,500
燃料消費率(km/L):
50.1(60km/h定地走行テスト値・2名乗車時)
32.4(WMTCモード値・クラス3-1・1名乗車時)
燃料供給装置形式: 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式: セルフ式
点火装置形式: フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式: 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L): 13
クラッチ形式: 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式: 常時噛合式6段リターン
変速比
1速: 3.416
2速: 2.250
3速: 1.650
4速: 1.350
5速: 1.166
6速: 1.038
減速比(1次/2次): 2.807/2.571
キャスター角(度): 25°30′
トレール長(mm): 98
タイヤ 前: 110/70-17M/C 54S
後: 140/70-17M/C 66S
ブレーキ形式 前: 油圧式ディスク
後: 油圧式ディスク
懸架方式 前: テレスコピック式
後: スイングアーム式 (プロリンク)
フレーム形式: ダイヤモンド

メーカー希望小売価格
CB250F:¥464,400(消費税抜本体価格¥430,000)
CB250F[ABS]:¥515,160(消費税抜本体価格¥477,000)

製品詳細情報は http://www.honda.co.jp/CB250F/



■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Honda CB250F

【PR】CB250Fの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Honda CTX1300

Related Gallery:Honda GOLDWING F6C

Related Gallery:Honda VFR800F: First Ride

Related Gallery:Honda MN4: First Ride

Related Gallery:Honda F6B

Related Gallery:Honda CTX700N

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet