テスラ「モデルS」のハッキングに成功すれば賞金100万円!
Related Gallery:2012 Tesla Model S First Drive Photos

意外と知られていないが、コンピュータの世界ではいわゆる"ホワイトハッカー(サイバー犯罪に立ち向かう善良なハッカーのこと)"によるハッキングの技術を競い合うコンテストが開催されている。そんな中、テスラ「モデルS」をハッキングできれば賞金がもらえるというハッキングコンペが北京で開催される。

7月16日と17日に北京で開かれるセキュリティカンファレンス「2014 SyScan」で、モデルSのセキュリティを破ることができたハッカーに10,000ドル(約102万円)の賞金が贈られる。ルールについての詳細は明らかにされていないが、主催者が米経済誌『Forbes』に語ったところによると、会場にはテスラと何台かのPCが用意され、インターネットを介した車両のコントロールの可否や、車内のタッチスクリーン(上の画像)を使うハッキングの可否などが争われるという。

モデルSにはドアの開閉などを行えるオーナー専用のスマートフォンアプリが用意されているが、そのパスワードをハッキングによって暴き、ドアを開けることが出来たというセキュリティ会社によるレポートが報告されるなど、以前からモデルSのハッキングに対する危険性を指摘する声はあった。

ハッキングコンペは通常Webブラウザなどを対象とすることが多く、今回のようにクルマのシステムを焦点にしたものは珍しい。いずれにせよ、コンペの結果によってテスラ社のセキュリティ対策がどのくらい強固なものか判明するだろう。ちなみに同誌によると、米国防高等研究計画局DARPAが集めたハッカーたちがガソリン車のコンピューター・システムのハッキングに成功したという前例もあるという。なお、テスラ社は今回のコンペに一切関与していないそうだ。

果たしてモデルSのセキュリティを突破できる者は現れるのだろうか? コンペの結果を楽しみにしよう


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:2012 Tesla Model S First Drive Photos

【PR】モデルSの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Tesla Model S

Related Gallery:2013 Tesla Model S in Tokyo Photos Part 2

Related Gallery:Tesla Model S Photos

Related Gallery:Tesla Model S in motion

Related Gallery:Tesla Model S Owners Road Trip

Related Gallery:Tesla Model S: the expensive version Photos

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 03

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-31

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-42