これは便利! 独の空港に登場したバレットパーキングロボ
ドイツのデュッセルドルフ国際空港にバレットパーキングの係員のごとく働くロボットが登場したのでご紹介しよう。

空港の広報担当者は、「専用アプリをダウンロードすれば、スマートフォンからこの "Ray"と呼ばれている駐車係のロボットを予約できます。あとは当日指定されたスペースにクルマを止めるだけです」と、説明する。

Rayは、止められたクルマの重量や寸法を測定してから、クルマをそっと持ち上げ、空港内に249カ所ある専用駐車スペースまで運んでくれる。最大3,300kgまで持ち上げられるのでほとんどのクルマに対応が可能。ちなみにこのサービスを利用すると、預けたクルマに何かあった場合に修理費などを補償するサービスもついてくる。デュッセルドルフでは、飛行機の出発時間を気にしながら駐車場で空きスペースを探すのに気を揉む苦労が解消されるわけだ。

さらに、Rayは空港のフライトデータベースと連動しており、利用者の到着時刻に合わせて、クルマを乗降スペースへ用意してくれるという。費用は1日29ユーロ(約4,000円)と割高だが、忙しい出張旅行者だけでなく家族連れからの反応も上々のようだ。

それでは駐車場係の"Ray"が働く様子を、公式ビデオ(音声はドイツ語だが、その便利さはお分かりになるだろう)でご覧いただこう。



By Associated Press
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Samsung Galaxy Tab: capturas con su cámara

Related Gallery:

Related Gallery:Shaka Anemometer

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

【PR】デュッセルドルフでRayを利用する前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Nikon Coolpix S800c

Related Gallery:

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 04