【ビデオ】これは結構スゴイ! 様々な情報を投影する新型フロントガラスディスプレイ
ジャガーランドローバーが次世代型のディスプレイシステム「ジャガー・ヴァーチャル・ウィンドスクリーン」を発表した。そのデモンストレーション映像をご紹介しよう。

今年4月、ランドローバーはオフロード用のボンネットが"透けて見える"システムを発表したが、今回の新技術はレーシング・ドライブ向けだという。

このディスプレイシステムは、運転中に必要な情報が全てフロントガラスに投影されるというヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)と、走行データを記録するテレマティックス・レコーダーという既存の技術を応用したものだが、さらに一歩進め、実車の運転をまるでレーシング・ゲームをプレイしているかのように体感することが出来るようになる。

デモンストレーション映像では、ラップタイム・データ、グリッド・ポジション、コースの理想的なラインやブレーキング・ポイントなどが、運転中のフロントガラスに表示されている。さらに、過去の自分の走行や他者の走行を再現した"ゴーストカー"を登場させることや、ジムカーナのシミュレーションが可能なバーチャル・コーンを映し出すこともでき、レーシングゲームの『Forza Motorsport』 や『グランツーリスモ』をプレイしている感覚で、実車のドライビング・テクニックを磨くことができる(この映像に登場しているのはジャガー「Fタイプ」)。

このシステムはジェスチャー・コントロールで操作したり、計器類の表示変更や、ルームミラー代わりに車体後部に取り付けたカメラの映像を投影することも可能だそうだ。

それでは、ジャガーの次世代型ディスプレイシステムを映像でチェックしていただきたい。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】ジャガーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:Pretty Smart: Nail Your At-Home Manicure

Related Gallery:Persona 4 Arena (6/18/12)

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:HTC 7 Trophy hands-on

人気フォトギャラリー
Related Gallery:2014 Subaru WRX: Spy Shots

Related Gallery:

Related Gallery:Lana Del Rey and the Jaguar F-Type