NISSAN  ELGRAND
2014年1月に国産Lサイズミニバンの​日産エルグランドはエクステリアの圧倒的な存在感と使い勝手の向上を目指しビッグマイナーチェンジを行った

NISSAN  ELGRAND

変更点をあげるとエクステリアでは250XGを除いて、ヘッドランプ、フロントグリル、そしてフロントバンパーのデザインを一新。特にクラス最大級に大型化したフロントグリルは全周をクロームメッキで囲み、高級感と押し出し感を両立させている。



広さと質感にこだわったインテリアは全高を変更せずに、フロントシート部のヘッドクリアランスを+20mm、室内高を最大+25mm拡大。その結果、前席の開放感が増しただけでなく、ウォークスルーといった室内での動きがスムーズにできるようになった。




試乗車の250ハイウェイスタープレミアムにはグランドブラックインテリアを採用。カラードクロムを配した専用のグラデーションブラックメープルフィニッシャーやシートステッチにアンバーのアクセントを施したダイヤ型キルティングのブラックメタリックレザーシートを組み合わせてその名の通りプレミアム感を際立たせている。



そして最もこだわったポイントがラゲージスペース。3列目シートに前方向へ240mmのスライド機能を追加し、後部のラゲージボードの高さを150mm程度下げられるようにしたことで、3列目シートに人が座っていても9インチのゴルフバックを最大6個積載できるようになり積載量がアップした。



なぜ通常のマイナーチェンジに留まらず、これほどのビッグマイナーチェンジを敢行したのか。それは現在アルファード/ヴェルファイアに明け渡している「キング・オブ・ミニバン」の座を奪還するため。このビッグマイナーチェンジの効果は大きく、改良後の販売台数はV字回復を見せている。そんな中エルグランドがさらなる使い勝手向上のため新装備をディーラーオプションで設定した。



この新装備というのが、ドライバーに常にクリアな後方視界を提供する世界初の「スマートルームミラー」(6万円取付工賃・消費税込)。さっそくこの新装備を装着したエルグランドでテストを行った。




スマートルームミラーはリアガラス内部に装着されたカメラによって撮影する後方視界を、ルームミラーに内蔵した液晶モニターに表示する装備。これまでのミラーとは異なり、荷物の積載時をはじめ、降雨時、夜間や日中でも暗い立体駐車場などどんなシチュエーションにおいてもドライバーはクリアな後方視界を確保できる。そのうえドライバーが変わっても細かいミラー位置の修正は必要がないというのも便利。また、画像はズーミングやカメラの高さ、明るさの調整などドライバーの好みに合わせることができる。




実際にこのスマートルームミラーを使用してみると、最初は後続車との距離感にとまどった。しかし時間が経つに連れて使い勝手の良さを感じる。通常のルームミラーではセカンドシートやサードシートのヘッドレストが後方視界を妨げになるし、背の高いゴルフバッグをラゲージ積んだりするとさらに視界が狭まり、ストレスを感じる。しかしミラーからカメラ映像に切り替えると後方視界は完全にクリアに。しかも夜間やトンネル、暗い立体駐車場でも明るい映像が得られるので後方の確認がしやすく、車線変更や車庫入れ時など威力を発揮した。

この便利なスマートルームミラーだが、ディラーオプションなのでマイナーチェンジ後のクルマならば後付けが可能・駐車や車庫入れ時に威力を発揮するアラウンドビューモニターとともにエルグランドユーザーならばぜひ装着したい装備だ。

■新型エルグランド
http://www2.nissan.co.jp/ELGRAND/


■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Nissan Elgrand

【PR】NISSAN ELGRANDの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:NISSAN ELGRAND(Official)

Related Gallery:NISSAN ELGRAND

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 08: AIWA

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-29

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-16