【ビデオ】マニアが作ったタイムアタック専用「エリーゼ」
英のタイムアタック選手権に参戦することだけを目的に、ある英国人改造マニアが作り上げたロータス「エキシージ」をご紹介しよう。

サーキットを使って行われるこのタイムアタック選手権では、1台ずつタイムが計測され、フィニッシュラインを越えるまで次のクルマはスタートしないため、ドライバーは自分の走りに集中できる。そこで皆が驚くようなタイムを出そうと、彼は愛車のロータスをとことん改造。巨大なウイングやディフューザーを装着し、カーボンファイバーで製作した沢山のフラップを追加するなど、ボーイング社の工場も驚くほどの手が入れられているが、これでもビデオをご覧になれば分かるように、合法的に公道走行が可能というからさらに驚く。

エキシージの元になったロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」をベースにして生まれたクルマは他にも色々ある。ロータス自身による「2-イレブン」「340R」「ヨーロッパ」をはじめ、テスラ「ロードスター」ダッジ「サーキット」(市販はされていない)、デトロイトエレクトリック「SP:01」といった電気自動車に、メルクス「RS2000」オペル「スピードスター」/ボグゾール「VX220」、ヘネシー「ヴェノム GT」などだ。しかし今回ご紹介するクルマは、これまでに例がないほどロータスの軽量シャシーを徹底的に生かしたクルマと言えるかもしれない。それでは早速、ビデオをご覧いただこう。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:* Tokyo 2009: 2010 Lotus Exige Stealth

【PR】エキシージの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Lotus Exige LF1 Photos

Related Gallery:Lotus Exige S Japan Premiere

Related Gallery:lotus exige powered by honda

Related Gallery:Monterey 2011 Lotus Exige Matte Black Final Edition Photos

Related Gallery:Lotus Exige S: Frankfurt 2011

Related Gallery:Lotus Exige S Roadster Geneva 2012 Photos

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-16

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-26

Related Gallery:GM Windows of Opportunity applications