マツダ、4代目となる次期型「ロードスター」を初公開するイベントにファンを招待!
マツダは、4代目となる次期型「ロードスター」を2014年9月4日に世界3拠点(日本/米国/欧州)で初公開すると発表。日本では千葉県浦安市で開催するファンイベントで公開され、その参加者を募集するという。

Related Gallery:Mazda Roadster

「マツダ ロードスター」誕生25周年を記念し、ロードスターを「支えてくださったファンの皆さまへの感謝の意を込めて」開催されるという今回の「マツダ ロードスター THANKS DAY IN JAPAN」では、歴代ロードスターをはじめとする希少なモデルの展示や、限定記念品など「ファンの皆さまにお楽しみいただける様々なプログラムをご用意」しているとのこと。ロードスターのオーナーとオーナー予備軍にとっては見逃せないイベントになりそうだ。マツダによれば「次期モデルのお披露目の瞬間を共有し、一緒にイベントを盛り上げてくれる皆さま」を、7月4日(金)より特設サイトで募集開始するという。開催概要は以下の通り。

会場:舞浜アンフィシアター(千葉県浦安市)
開催日時:2014年9月4日(木) 9:30~10:30(9:00開場、雨天決行)
募集人数:先着1,200名
募集期間:7月4日(金)12:00 p.m.より、以下のURLにて
マツダ公式サイト内『ROADSTER 25TH ANNIVERSARY』ページ
http://www.mazda.com/jp/stories/history/roadster/roadster_25th/
1人1回のみ/グループ最大4名まで応募可能で、規定人数に到達次第、受付終了となる。

平日の午前中ということで残念ながら参加できない方も、当日公開される次期型ロードスターについてはAutoblogでもお伝えする予定なので、楽しみにお待ちいただきたい。



2014年4月のニューヨーク国際オートショーで一足先にシャシーのプロトタイプが公開された次期型ロードスターは、車体からドライブトレインまで、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ・テクノロジー)」を随所に採用し、「優れた剛性・衝突安全性能を確保しながら、車両重量は現行モデル比で100kg以上の軽量化」を目指すとそのとき発表されている。1989年に初代「ユーノス ロードスター」が登場してから早くも四半世紀が過ぎ、その間にクルマとクルマ好きを取り巻く環境は大きく変化した。今回発表される4代目は、時代に合わせた大きな変革と、偉大な初代から受け継ぐ不変の精神が求められる、これまで以上に難しいモデルチェンジと言えるだろう。だがきっと、そのための「SKYACTIV」なのだ。マツダはその発表の場に、多くのジャーナリスト・来場者が集まるモーターショーではなく、ファンを招待して開催するイベントを選んだ。参加される方は世界中のクルマ好きを代表する気持ちと誇りを胸に、是非"スカイアクティブ・ロードスター"のお披露目を見届けて来ていただきたい。


By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Next-Gen Mazda Miata Chassis: New York 2014 Photos

Related Gallery:Mazda Roadster

【PR】ロードスターの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2014 Mazda MX-5 Miata 25th Anniversary: New York 2014 Photos

Related Gallery:Mazda MX-5: New York International Auto Show

Related Gallery:Mazda MX-5s: MAX-5 2013

Related Gallery:Mazda MX-5 Super 25

Related Gallery:Geneva 2010 Mazda MX-5 20th Anniversary

Related Gallery:Mazda MX-5 Superlight version

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 05

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 06

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 08: AIWA