インフィニティ、小型クロスオーバー「QX30」を2015年に生産開始
Related Gallery:

インフィニティは、昨年のフランクフルト・モーターショーで「Q30コンセプト」を発表しダイムラーとの共同開発・生産に合意するなど、プレミアム・コンパクトカー市場でのシェア獲得に向け力を注いできた。そして今回、Q30コンセプトに加え、新たに小型クロスオーバーの「QX30」の生産が決まったことを、日産のアンディ・パーマー副社長が明らかにしたのでご紹介しよう。

最近のラグジュアリーカーのトレンドといえば、プレミアム・コンパクトだ。BMWでは「1シリーズ」と「2シリーズ」、メルセデスでいうと「Aクラス」「Bクラス」「CLAクラス」そして「GLAクラス」がある。アウディには「A1」と「A3」、レクサスにさえ「CT200h」があり、活況を呈している。そして日産の海外向け高級車ブランドであるインフィニティもついに、これらの仲間に加わることになった。パーマー副社長は先週末、自身のツイッターで以下のコメントを発表した。
「たった今、インフィニティのヨハン・デ・ナイシェン社長から、来年イギリスのサンダーランド工場でプレミアム・コンパクトQ30とクロスオーバーのQX30の生産を開始するとの報告を受けた。嬉しい知らせだ。アンディ・パーマー(@NissanAndy)2014年6月27日」

欧州でも最大級規模のサンダーランド工場では、日本では「デュアリス」として販売されてきた小型SUV「キャシュカイ」やコンパクト・クロスオーバーの新境地を切り開いた「ジューク」などが生産されている。今回の発表によれば、Q30に加えQX30の生産についても日産の同工場で行われるようだが、メキシコ北部アグアスカリエンテスの新工場におけるダイムラーとの共同開発の件はどうなるのだろうか? 我々はインフィニティの広報担当であるステファン・ワインマン氏に尋ねた。すると「Q30の生産はサンダーランド工場のみで行う。アグアスカリエンテス工場での次世代のプレミアム・コンパクトモデルの製造は、数年先の話になるだろう」という答えが返った来た。また同氏は、それ以上のコメントをするのは時期尚早であるとしつつも、「そのクルマ(アグアスカリエンテス工場で製造する次世代プレミアム・コンパクトモデル)についての詳細はやがて明らかになるだろう」と話している。

インフィニティは中国市場向けのプレミアム・コンパクトとしてジュークをベースにしたクロスオーバー「ESQ」の生産を開始したばかりだが、欧米やヨーロッパ市場向けのラインナップ拡大も十分に考えられることだ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】QX30の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:3 Ways to Stop Your Dog From Passing Gas

Related Gallery:Callaway Corvette AeroWagon Photos

Related Gallery:Rockchip Rayhov TDSCDMA Android

Related Gallery:HTC HD7 versus Desire HD: size comparison

Related Gallery:

Related Gallery:Panasonic MW-20 hands-on

人気フォトギャラリー
Related Gallery:2014 Subaru WRX: Spy Shots

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 03

Related Gallery:Lana Del Rey and the Jaguar F-Type