重量わずか450kgで、公道も走れる英エレメンタル「RP-1」の詳細が明らかに
Related Gallery:Elemental RP1 Photos

英国エレメンタル・カーズ社初の生産モデルであるエレメンタル「RP-1」の新しい情報が公開されたのでお伝えしよう。

マクラーレンやトヨタなどでF1も手掛けた経験を持つ人々によってデザインされたというRP-1は、ロードカーとして走行可能な装備や扱いやすさと、レーシングカーのパフォーマンスをミックスしたという、車両重量わずか450kgという軽量スポーツカー。つい数週間前に初めてティーザー画像が発表されたばかりで、そのときは詳しいことは公表されていなかったが、6月26日から29日まで開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で正式にデビューを果たし、その詳細が発表された。

RP1の車体は、カーボンファイバーとアルミニウムで製作されたタブの前後にサブフレームをボルトオンした構造。ペダルはF1のようにシートのヒップポイントよりも高い位置に設定され、車体底面のエアロダイナミクスが大きなダウンフォースを生み出すようにデザインされている。ハードコアなマシンに思えるが、エレメンタル社によれば、とても扱いやすいクルマにしたという。サイズは全長3,740mm × 全幅1,775mmとコンパクト。オーナーは数本のスパナとアーレンキー(六角レンチ)があればシャシーのセットアップを自分で調整することができるので、サーキットに行ったら足回りを変更し、走行が終わればまた戻してそのまま家まで乗って帰ることがも可能だ。エンジンの両側にはヘルメットやその他のレーシングアイテムを収納するスペースも設けられているという。

ミドシップに縦置きされるエンジンは、前回お伝えした最高出力280hpのレース用チューンされたフォード社製2.0リッター「エコブースト」の他に、2種類のオプションが用意されていることが分かった。一つは、フォード社製1.0リッター3気筒の「エコブースト」のアップグレードバージョン。もう一つは、サーキットでの使用に特化したホンダ「ファイアーブレード」の999ccオートバイ用エンジンだ。標準の2.0リッター・エンジンにはパドルシフト付きヒューランド社製6速シーケンシャル・トランスミッションが組み合わされ、LSD(リミテッド・スリップ・デフ)や、サーキットに合わせてギア比を変更したセットもオプションで注文できる。

まずは2015年に開催されるレースに出場する人向けに、「GT-Cup」スペックと呼ばれるレース用モデルの生産が始まり、公道も走れるバージョンは2015年の初夏に最初の納車が始まる予定だという。価格はまだ公表されていないが、フルスペックなど更なる詳細を知りたい場合は、プレスリリース(英語)または公式サイトをどうぞ。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Elemental RP1 Photos

【PR】RP-1の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Elemental Cars RP-1 Photos

Related Gallery:BAC Mono Photos

Related Gallery:2011 KTM X-Bow R Photos

Related Gallery:KTM X-BOW GT:Geneva 2013 Photos

Related Gallery:Radical RXC Photos

Related Gallery:Caterham Seven Kamui Kobayashi Limited Edition

Related Gallery:Ariel Atom Photos

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 03

Related Gallery:IAA 2013 Hostessen and sexy Girls von Frankfurt

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 03 02