アリエル、カスタマイズの自由度の高さが魅力的な新型バイク「エース」を発表!
Related Gallery:Ariel Ace Photos

先日、イギリスのアリエル再びバイクの製造に着手するとお伝えしたが、早速、同社の新型バイク「エース」の詳細が発表されたのでご紹介しよう。

アリエルといえば、パイプフレームが特徴的な2人乗りのハードコアなスポーツカー「アトム」が有名だが、かつてはバイクメーカーとして知られる会社の名前の1つだった。1902年に創業を開始した同社は、BSA(バーミンガム・スモール・アームズ)に吸収されながらも1970年頃まで二輪車の製造を行っていた。そして今回、サイモン・ソーンダース氏によって設立された現在のアリエル社が開発したバイクが、「エース」だ。

アリエル エースは幅広いカスタマイズが可能で、クルーザーやネイキッド・スポーツバイクなどオーナーの好みに合わせて注文することができる。エンジンはアトムと同じくホンダ製で、エースには「VFR1200F」の1237ccV型4気筒を採用。最高出力173bhp/10,000rpm、最大トルク13.4kgm/8,750rpmを発揮し、0-100km/h加速は3.4秒で最高速度は165mph(約265km/h)に達するという。ギアボックスは6速マニュアルかホンダ独自の有段自動変速システムであるDCT(デュアルクラッチトランスミッション)が選択できる。また、サスペンションは2つの組み合わせから選択が可能。燃料タンクの容量やシートの高さ、ホイールベースの長さはそれぞれ3種類から選ぶことができ、オーナーの要望に沿った様々な組み合わせが可能だ。エースの車体フレームは、明らかにアトムからインスピレーションを得たアルミ製チューブラーフレームで、必要な部分は炭素複合材を使用したボディで覆われている。

この新型バイクは今月の26日~29日に開催されているグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでお披露目され、2015年から年間100台〜150台ほどの生産を計画しているそうだ。価格はイギリスで税込み2万ポンド(約346万円)から。さらに詳細を知りたい方はプレスリリース(英語)をどうぞ。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Ariel Ace Photos

【PR】アリエル「エース」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Quck Spin: Ariel Atom 3 Photos

Related Gallery:Ariel Atom 3 by Wimmer RS Photos

Related Gallery:Ariel Atom Photos

Related Gallery:Ariel Atom 3.5R Photos

Related Gallery:DDMWorks twincharged Ariel Atom Photos

Related Gallery:VFR1200XD/X MUGEN

Related Gallery:Honda VFR800F: First Ride

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 07

Related Gallery:IAA 2013 Hostessen and sexy Girls von Frankfurt

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-13