トヨタ、2014年度内に燃料電池自動車を700万円程度で販売開始すると発表!
トヨタは25日、セダンタイプの新型燃料電池自動車(FCV)を公開するとともに、日本では2014年度内に700万円程度という価格で販売を予定していると発表した。

Related Gallery:Toyota FCV

Related Gallery:Toyota FCV (Fuel Cell Vehicle) Hydrogen Concept Photos

燃料電池自動車とは、搭載する高圧タンクに貯蔵された水素を、空気中の酸素と化学反応させることで電力を取り出し、それによって回転するモーターを駆動力とする電気自動車の一種。走行時に排出される物質は水のみで、電気自動車だからCO2や環境負荷物質は一切出さず、静粛性も高く、発進加速に優れる。一方で航続距離は約700km(JC08モード)と一般的な電気自動車よりはるかに長く、水素充填時間も約3分で済む。しかも水素は夜間の余剰電力で発生させることが可能。おまけに災害などの非常時には、一般家庭で使用する1週間分以上の電源を供給できるという。電気自動車並みの環境性能と、ガソリン車と同等の利便性を兼ね備える「究極のエコカー」であるとトヨタは言う。



トヨタがFCVの開発を始めたのは1992年。1996年には実験車「FCHV」を開発し、2001年に公道走行実験を開始。2002年より中央官庁や地方自治体、民間企業に限定リースという形で提供を始めた。

開発当初は価格を付けたら数億円とも言われ、2008年にリース販売が開始された「トヨタ FCHV-adv」でも月額リース価格が84万円(30ヶ月リース・消費税込み)もしたが、設計・生産技術の発展によりコストは大幅に低減し、2014年度内に日本で発売されるセダンタイプのFCVは、トヨタによれば700万円程度(消費税は含まない車両本体のメーカー希望小売価格)の価格を予定しているという。その後は量産効果によって、さらなるコスト低減が期待できる。

販売チャンネルはトヨタ店とトヨペット店で、当面は水素ステーションの整備が予定されている地域およびその周辺地域の販売店が中心となる見込みだ。具体的に言うと、"一般社団法人「次世代自動車振興センター」の燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業における、2013年度と2014年度1次・2次公募での交付決定がされている都道府県"ということで、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、愛知県、大阪府、兵庫県、山口県、福岡県になる(2014年5月21日現在)。アメリカやヨーロッパでは2015年夏頃から販売開始となる予定だ。



「プリウス」の約3倍、日産の電気自動車「リーフ」と比べても2倍以上という価格だけを見ても、今のところ多くの人が買えるクルマであるとは思えないが、まずは都市部に住む環境問題に敏感な先進的セレブの方々に乗っていただき、量産効果で価格が下がる日を待つことにしよう。トヨタが本気になったとあれば、思いのほかインフラの整備も早く進むかも知れない、と思わせる迫力が今のトヨタには確かにある。これほど多くのハイブリッド車が走っている現在の状況を、初代プリウスが発売された時にどれだけの人が予想していただろうか。20年後にはFCVが新車販売販売台数の上位を占めることになったとしても、何ら不思議ではない。同様に以前から燃料電池自動車の開発とリース販売を行っているホンダが、今回のトヨタの発表にどう反応するかも楽しみだ。


By Hirokazu Kusakabe




■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Toyota FCV

Related Gallery:Toyota FCV (Fuel Cell Vehicle) Hydrogen Concept Photos

Related Gallery:Toyota FCV Concept Tokyo 2103 Photos

【PR】FCVの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Toyota FCV-R Concept Tokyo 2011

Related Gallery:Honda FCEV Concept LA 2013 Photos

Related Gallery:Daihatsu FC Deco Deck Concept Tokyo 2013

Related Gallery:2009 Honda FCX Clarity

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-09

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-10

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-11