光岡自動車、初のハイブリッド車も設定される新型セダン「Ryugi(リューギ)」を発表!
光岡自動車は25日、同社初のハイブリッド・モデルも設定されたミディアムクラス・セダンの新型車「Ryugi(リューギ)」を発表。6月27日より全国一斉発売する。

Related Gallery:Mitsuoka Ryugi

ミツオカらしいクラシックな外観が特徴の「Ryugi」は、「ある物事に対するその人なりの、やり方、スタイル」という意味の「流儀」を車名の由来とするという。同社のコンパクト・セダン「ビュート」と、フルサイズ・セダン「ガリュー」の中間に位置するミディアムクラスのセダンだ。

豊かな曲線で形作られたフロントマスクには、クロームメッキされた縦型グリルと丸型ヘッドライトを装備。同様にメッキ加工が施された前後バンパー部に厚みを持たせることで「ミディアムクラスとゆえども、堂々たる存在感を主張」していると光岡自動車は言う。グリル上面に付けられたエンブレムは七宝焼きだ。

パワートレインはトヨタ製「1NZ-FE」型1.5リッター直列4気筒と5速MTまたはCVTを搭載する前輪駆動モデルのほか、同エンジンにトランスミッションがCVTのみとなる4輪駆動モデル、そしてトヨタの1.5リッター直列4気筒「1NZ-FXE」型アトキンソンサイクル・エンジンと「1LM」型電気モーターを組み合わせたハイブリッド・システムを搭載するモデルも用意されている(トヨタのハイブリッド車でお馴染みのバッジが、フロント・フェンダーに付けられる)。



写真ではなかなかの迫力を感じさせるボディのサイズは、全長4,510mm × 全幅1,695mm × 全高1,460mm。ベースになった(と思われる)トヨタの「カローラ アクシオ」に比べると150mm長い。全幅と全高、そして2,600mmのホイールベースは変わらず。車両重量は10kgほど重くなっている。

価格はベーシック・グレードの「15ST」2WD・5MTが221万4,000円から、シートヒーター付き「ハイブリッド」の311万400円まで(いずれも消費税込み)。ベース車よりも80万〜100万円ほど高い...なんて話は無粋だろう。カローラ アクシオと比較して買うクルマでもないはずだから。製作は全て職人達による手作業で行われるという。内装には全3色の本革シートもオプションで用意されている。



光岡自動車はこのRyugiについて、「伝統的な様式美を守り、個性的でありながらも先進の技術によって環境への配慮を両立。伝統と先進が、微妙なブレンドで他には無い深い味わいを醸し出し、独特な存在感が独創的な世界観を構築します。それはまさに私たちなりの流儀」と説明している。巷に溢れたハイブリッド車とは一味違うクルマに乗りたい...と思われる方、以下のリンクから公式サイトをどうぞ。

光岡自動車 公式サイト


By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Mitsuoka Ryugi

【PR】Ryugiの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Beijing 2010: Mitsuoka Galue

Related Gallery:Mitsuoka Orochi Premium Gold

Related Gallery:2014 Mitsuoka Final Orochi

Related Gallery:mitsuoka rickenbacker

Related Gallery:Mitsuoka New Viewt

Related Gallery:Toyota Corolla Axio Hybrid

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 05

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 06