【ビデオ】超音速ロケット車「ブラッドハウンドSSC」のコックピットが公開!
先日、1,000mph(約1,609km/h)に挑戦する世界最高速の超音速ロケット車「ブラッドハウンドSSC」のシミュレーション映像をご紹介した。今回は、同車のパイロットを務めるアンディ・グリーン氏がコックピット内を公開した映像をご紹介しよう。

「ブラッドハウンドSSC」のプロジェクトチームメンバーは、2008年にこのプロジェクトが始動して以来、1,000mph(約1,609km/h)という驚異的なスピードの実現を目指してきた。現在の地上最速記録は1997年に同じグリーン氏が樹立した約763mph(約1,228km/h)で、この記録更新への挑戦が来年に南アフリカのハクスキーンパン砂漠で予定されている。

ブラッドハウンドSSCは戦闘機のユーロファイター・タイフーン用のジェットエンジンとロケットを搭載し、最大加速時には21トンの推進力を生み出すそうだ。このすさまじい推進力を制御するために同車のコックピットには最先端の技術が用いられ、画像からも分かるとおり、そのインテリアはクルマというより、まるでSFに登場する宇宙船だ。コックピット内のすべてがグリーン氏に合わせて調整されており、ステアリングにいたっては彼の手にフィットするよう、粉末チタンを使用して彼の手形を取り、それをもとに作られている。また、コックピットの正面には速度や推進力を表示するセンタースクリーンが設置されている。同プロジェクトに注がれる労力とエンジニアリングには感嘆するばかりだ。

それでは早速、グリーン氏が自ら紹介するブラッドハウンドSSCのコックピット内を見てみよう。



By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Rolls-Royce aerospace backs the Bloodhound SSC Photos

【PR】ブラッドハウンドSSCの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Bloodhound Supersonic Car

Related Gallery:Hondajet Photos

Related Gallery:Bugatti 100P airplane reproduction Photos

Related Gallery:Aeromobil 3.0 Renderings Photos

Related Gallery:Traxxas RC Funny Cars Photos

Related Gallery:"Big Daddy" Don Garlitz and his EV dragster Photos

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 07

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 07

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 04