ジャガー・ランドローバー・ジャパンは17日、ジャガー史上初となるスポーツ・クロスオーバー・コンセプト「C-X17」を集まった報道陣に公開した。

Related Gallery:Jaguar C-X17 Press Conference

Related Gallery:Jaguar C-X17

2013年9月にフランクフルト・モーターショー発表された「C-X17」は、ジャガー・ランドローバー・ジャパンの若林 敬市マーケティング・PRディレクターによれば「その市販モデルが日本の路上を走る日もそう遠くない」という、ジャガー初のクロスオーバー車を示唆すると同時に、今後発表されるジャガー各モデルの文字通り"基盤"となる、次世代アルミニウム製モノコック・アーキテクチャ「iQ[AI]」の「柔軟性を示す」役割も持つ。このiQ[AI]アーキテクチャは、まず2015年発売が予定されているプレミアムC/Dセグメントの新型セダン「XE」に採用されることがすでに発表されている。つまりジャガー・ラインアップの中では「最も小型でお求めやすい」4ドア・セダン(XE)から、全長4,718mm × 全幅1,959mm × 全高1,649mm、ホイールベース2,905mmというサイズのクロスオーバー車(C-X17)まで、多種多様なモデルを作り出すことができるということを言いたいわけだ。




この新開発されたアルミニウム製アーキテクチャは、軽量・高剛性という特長に加え、拡大縮小が可能なモジュラー式であるため、「従来よりも幅広いモデルとその派生モデルを造ることが可能になる」という。ジャガーによれば、そのフレキシビリティにより同社のデザイナーとエンジニア・チームは「"想像可能なことなら何でも創り出せる"という信条を実践する手段を手に入れた」ことになるとまで言っている。

さらに同じ製造ラインで同時に異なるモデルの生産が可能になるため「独創のキャラクター、息を飲むほどに見事なデザイン、比類なき車両ダイナミクス、パフォーマンスとラグジュアリーといった、ジャガーが高い評価を得ている分野で妥協することなく、大幅な量産体制に移行することが可能になる」そうだ。となると、XEの価格と出来映えには期待してよさそうだ。

XEにはエンジンも全面新設計の"INGENIUM"(インジニウム)と呼ばれる4気筒ガソリンおよびディーゼルが搭載され、ジャガーとして初めて「CO2排出量100g/kmの壁を破る」ことになるという。将来的には「プラグインパワートレインにも対応」していくそうだ。高性能グレードには「Fタイプ」に採用されているV型6気筒スーパーチャージドも搭載される予定で、軽量アーキテクチャと相俟って、「クラス最高の比出力」によりスポーティな走りと、「クラスをリードする燃費とCO2排出量」という環境性能を両立するという。




今回初めて日本でお披露目された、C-X17についてもご紹介しておこう。そのインテリア製作チームを指揮したという、ジャガーのアドヴァンスト・デザイン部門インテリア担当チーフデザイナーという肩書きを持つサンディ・ボーイズ氏によれば、それは「iQ[AI]アーキテクチャでどこまでやれるか」を示した、「スポーツカーのDNAを持つSUV」だそうだ。「ジャガーらしい、バランスの良い、素晴らしいプロポーション」は「長い、自信に満ちたボンネット」と、「リアスポイラーによって長さが強調された、ウインドスクリーンまで続く空力的なルーフライン」、そして「ハートライン」と呼ばれるフェンダーの優美な膨らみを持ち、確かにちゃんと"ジャガーらしいSUV"になっているように思われた。少々意地悪な言い方をすれば、"ランドローバーっぽくはなっていない"ということだ。




「イギリスの伝統的な高級素材とモダンな仕上げ、テクノロジーを組み合わせた」というインテリアはさらに魅力的。厚みのあるサドルレザーにしっかりとしたステッチが施されたパネルやシート表皮は、高級レザーシューズやハンドバッグから着想を得たという。フランクフルトで発表された時には独立した4名分のシートを備えていたが、その後、中国、韓国で公開される際には5人乗りに改められた(市販モデルに近づいた、と見ることも出来るだろう)ベージュ色の革張りシートに、パノラミック・ルーフのベーンが美しい影を落とす。透明なアクリルガラス製パネルの下に設置されたTFTタッチスクリーンで、後部座席の乗員も"インフォテインメント"を共有することが出来る。




XEに続き、このC-X17をベースとする市販モデルが登場することは確定済みだが、その時期については明らかにされなかった。「世界で一番、Fタイプが売れている」という日本でも、「レンジローバー イヴォーク」より大きいサイズのスポーティなSUVを求める人たちから人気を得るに違いない。ジャガーでは自らを「ドイツのプレミアム・ブランドに対する挑戦者」と言っていたが、日本の顧客はそのドイツ車にはない魅力に対し、敏感に反応し深く理解すると思われるからだ。




なお、東京での公開は終わってしまったが、大阪では6月22日(日)と23日(月)の2日間、「グランフロント大阪」北館1階のナレッジプラザでこのC-X17が特別展示される予定だ。お近くの方は是非、伝統的な美と新しい技術への挑戦が見事にまとめられた"ジャガーの近未来"を、ご覧になってみてはいかがだろう?


ジャガー 公式サイト

By Hirokazu Kusakabe



■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Jaguar C-X17 Press Conference

Related Gallery:Jaguar C-X17

Related Gallery:Jaguar C-X17 Concept: Frankfurt 2013 Photos

Related Gallery:Jaguar C-X17 Concept Frankfurt 2013 Photos 2

Related Gallery:Jaguar C-X17 Concept in Liquid Aluminum Photos

Related Gallery:Jaguar C-X16 Concept: Frankfurt 2011

Related Gallery:Paris 2010 Jaguar C-X75 Concept Photos

【PR】ジャガーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 04

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 06

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 07