【ビデオ】日産が『グランツーリスモ』とコラボしたコンセプトカーを発表!
Related Gallery:

日産が、PlayStaion3用ゲームソフト『グランツーリスモ6』の「ビジョングランツーリスモ」向けにデザインしたコンセプトカー「日産コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」を発表したのでお伝えしよう。

これは、大人気レーシングゲーム「グランツーリスモ」シリーズを手掛けるポリフォニー・デジタルの呼びかけによるグランツーリスモ15周年記念プロジェクト「ビジョン グランツーリスモ」に登場するモデルとして制作されたもの。これまでにもメルセデス・ベンツBMWフォルクスワーゲン三菱が独自のコンセプトカーを発表している。

日産と言えば、「GTアカデミー」で、「グランツーリスモ」のトッププレイヤーをプロレースドライバーに育成する取り組みも行っている。また、同シリーズに独創的なデジタルマシンを提供してきたレッドブル・レーシング(日産の高級ブランドであるインフィニティがスポンサーを務め、資本提携するルノーがエンジンを提供している)とも深い関わりを持つなど、他のどの自動車メーカーよりもバーチャルとリアルのギャップを埋めることに積極的だといえる。

そんな日産が満を持して発表したこのコンセプトカーは、ロンドンの日産デザインヨーロッパの若手デザイナーたちが自由に夢のスポーツカーをデザインし、日本のテクニカルセンターのエンジニアによる技術的なフィードバックを織り込んで開発された。パワートレインの詳細はまだ明らかにされていないが、フロントエンジン、2+2のレイアウトや"ゴジラ"と称されるGT-Rの特徴的なスタイルを未来的にデザインしたフォルムが、数年後の次世代GT-Rに引き継がれることになるのは明らかだろう。

日産は、「同コンセプトを現実世界に送り込む準備は整っている」と発表していることから、今月末にイギリスで開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、そのフルスケールモデルがお披露目される可能性が高い。それもさることながら、もしこのコンセプトが次世代GT-Rのデザイン性を表わしているとすれば、我々のGT-Rへの期待は今後さらに高まることになるだろう。

それでは、早速ビデオでコンセプトの姿をチェックしよう。詳しくはプレスリリース(英語)をどうぞ。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Volkswagen Golf Sportsvan Concept - Frankfurt 2013

Related Gallery:12 Reasons to Adopt a Mutt

Related Gallery:

Related Gallery:Contacto: Fiat 500L Trekking

Related Gallery:Richie Hawtin Enter Salinas

Related Gallery:

Related Gallery:Netgear Roku Player at Best Buy

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Pentax X-5 con Super Zoom 26x

Related Gallery:Sony Ericsson Xperia Mini - Imágenes oficiales

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 04 01