スバル、ニュルブルクリンク24時間レースに出場する「WRX STI」のスペックを公開!
富士重工業と同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、6月19日〜20日にドイツで開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースに、新型「WRX STI」をベースとして開発したレースカーで参戦することを改めて発表。レース中には車載オンボードカメラ映像の生中継やドライバー、メカニックへのインタビューなど、USTREAMを通じて現地から配信する予定だという。

Related Gallery:SUBARU WRX STI Nürburgring 24h 2014

2014年1月の北米国際自動車ショーでアメリカ仕様の市販車として発表された新型「WRX STI」をベースに、富士重工業とSTIがニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦を目指していち早く開発に取り組んだレース用車両は、「SUBARU WRX STI NBRチャレンジ2014」と名付けられ、東京オートサロン 2014の会場で我々日本のファンに向けて真っ先に公開された。スバルの発表によればこの車両は「耐久レース用装備およびチューニングが施されていますが、その基幹部品はベース車である量産型WRX STIと全く同じです」とのこと。オートサロンでは実車の展示だけで詳しいスペックは公開されなかったが、今回の参戦発表でそれが初めて明らかになった。




全長4,890mm × 全幅1,835mm × 全高1,395mmというボディ・サイズは、アメリカ仕様の市販モデルに比べると、大型リア・ウイングをはじめとするエアロパーツや、リアのオーバーフェンダーが付加されたことにより、295mmほど長く、40mm幅が広い。また、レース用サスペンションが装備されているため車高も80mmほど低められている。

注目すべきはフロントに搭載される水平対向4気筒"ボクサー"エンジン。アメリカ仕様の市販モデルが、(あちらで販売されていた先代と同じ)シングルスクロール・ターボの2.5リッター「EJ25」を採用しているのに対し、「基幹部品」が「量産型WRX STIと全く同じ」であるはずのニュルブルクリンク参戦車は、(日本でまだ販売されている先代と同じ)2.0リッター(1,994cc)でツインスクロールターボを備えた「EJ20」型を搭載している。最高出力340ps/5,500rpm・最大トルク47kgm/3,000rpmというスペックはレース用にチューンされているとしても、発表が待たれている日本仕様の新型WRX STIには、これまで通りEJ20型が採用される見込みが強まったと受け取ることも出来るかも知れない。もっとも、昨年までと同じSP3T(2.0リッター以下ターボ車)クラスに参戦するため、エンジンは昨年型からキャリーオーバーしたという可能性もあるが。



トランスミッションは今年から新たに6速シーケンシャル・ギアボックスを採用。右ハンドルに不慣れな外国人ドライバーでもミスの恐れが少なく負担が軽減できる効果があるという。駆動方式はもちろん、DCCD(ドライバーズ・コントロール・センター・ディファレンシャル)方式のAWD(全輪駆動)。サスペンションは前ストラット・後ダブルウィッシュボーンと、市販モデルと(先代モデルとも)基本的には変わらず。フロントに対抗6ポット、リアは対抗4ポットのブレンボ製ブレーキ・キャリパーが装備されている。ブラックで塗られたBBS製ホイールは18インチ × 10J。ダンロップ製160/66R18タイヤを履く。コクピットには、スポンサーでもあるオリエント時計の機械式腕時計「M-FORCE」が取り付けられている。



"STIの顔"とも言える辰己英治総監督の下、STIパワーユニット技術部主査の小澤正弘氏が監督を務め、ドライバーは昨年に引き続き、吉田寿博 選手、佐々木孝太 選手、マルセル・ラッセー 選手(ドイツ)、カルロ・ヴァンダム 選手(オランダ)の4名を起用。日頃は国内のスバル販売店に勤めるディーラー・メカニック6名もチームに加わり、SP3Tクラス優勝の奪還に挑む。

富士重工業とSTIは、このニュルブルクリンク24時間耐久レースに2008年から連続で出場。今年が7度目の参戦となる。2011年と2012年にはクラス優勝を果たしたが、昨年は激しい雨が降った際にライバルから遅れを取ってしまい、終盤にまだコースの一部が濡れている状態でAWDの利点を活かしてスリックタイヤを履き猛烈な追い上げを見せるも、惜しくも54秒差でトップの「アウディ TT」に届かず、クラス2位でレースを終えている

富士重工はこのレース出場について、「あえて量産車をベースとして開発したレースカーで参戦することで、新型WRX STIのAWDスポーツパフォーマンスが"究極の一般公道"とも言われるニュルブルクリンク・サーキットにおいても高次元で発揮されることを実証していきます」と述べている。

なお、USTREAM配信スケジュールは以下の通り。

予選2:日本時間 6/20(金)17:00~20:00
プレスカンファレンス:日本時間 6/20(金)23:00~6/21(土)0:00
決勝:日本時間 6/21(土)22:00~6/23(月)0:00
※決勝レース前後1時間を加えた計26時間。
※配信時間は変更になる可能性があります。

配信URL
特設サイト:http://www.subaru.jp/nbr24h2014/
SUBARU-USTREAM:http://www.ustream.tv/channel/subaru-ustream

今年もニュルブルクリンク24時間耐久レースには、スバルだけでなくトヨタも「レクサス LFA」や「トヨタ 86」で参戦する予定だ。日本を代表するスポーツカーが、市販車に近い状態で24時間のレースを戦い、世界各国のライバルと鎬を削る。しかも舞台は、"世界一過酷な道"と言われるニュルブルクリンク。クルマ好きが観れば面白くないわけがない。果たしてスバルは、好成績を挙げて新型WRX STIの日本発表に華を添えることができるだろうか。インターネットを通じて是非応援しよう!

スバル 公式サイト


By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Subaru WRX STI NBR

【PR】WRX STIの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2015 Subaru WRX: First Drive Photos

Related Gallery:2015 Suabru WRX STI: Detroit 2014

Related Gallery:Subaru WRX STI

Related Gallery:2015 Subaru WRX STI Isle of Man Record Photos

Related Gallery:SUBARU WRX STI: 2013 Nürburgring 24h Race

Related Gallery:Subaru Impreza WRX STI S206 NBR 24h 2012

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 08: AIWA

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 04

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 09