ケータハム・カーズ、小林可夢偉がデザインした「セブン」のリミテッド・エディションを発売!
ケータハム・カーズは、今季よりケータハムF1チームでドライバーを務める小林可夢偉選手が自ら仕様をチョイスしたという「セブン」のスペシャル・モデル、「小林可夢偉リミテッド・エディション」を10台限定で発売すると発表した。

Related Gallery:Caterham Seven Kamui Kobayashi Limited Edition

ベースとなるモデルは、「ロードスポーツ」シリーズのベーシック・モデル「セブン 250」レースパック付き。ド・ドィオン式リア・サスペンションを採用したシャシーに、最高出力125ps/6,000rpm・最大トルク15.7kgm/4,000rpmを発生する1.6リッター直列4気筒フォード製「シグマ」エンジンを搭載する。これに可夢偉選手が自らチョイスしたという「パフォーマンス重視の特徴を満載」。標準の5速に換えて6速マニュアル・ギアボックスとリミテッド・スリップ・ディファレンシャルを装備し、0-100km/h加速5.9秒、最高速度は196km/hに達するという。

エクステリアは光沢のある黒で塗装され、センターにマット・ブラックのストライプが入る。ノーズコーンには可夢偉選手のF1カーナンバー(今季からキャリアを通して固定ナンバーとなる)である「10」のマークが付き、リアのストライブに"KUAMUI"のロゴが描かれている。フロントのサイクル・フェンダーとリア・フェンダー・プロテクターはセブン初となるグリーンの塗料を染み込ませたカーボンファイバー仕上げ。小さなサイドミラーや、ドライバーの前方に装備された"風よけ"、エアロスクリーンもカーボンファイバー製となる。一般的なガラスのウィンド・スクリーンに換えてしまうのがもったいない気がしてしまう。精悍で引き締まったスタイリングに合わせて、新しいダイヤモンドカットブラックの13インチ・ホイールとポリッシュ仕上げのエキゾースト・テールパイプが採用されている。



コクピットもパフォーマンスを重視した仕様となっている。ヘッドレストに"KAMUI"のロゴが刺繍されたカーボンファイバー製スポーツシートは、ドライバーが座るための1脚のみ。タカタ製4点ハーネスやシングルシーター用のロールバーを装備し、助手席部分はアルミニウム製トノーで覆われる。ダッシュボードもエクステリア同様にケータハム・グリーンの塗料を染み込ませたカーボンファイバー製で、小林可夢偉選手のサインが入るという。スピードメーターやグリーンのアルマイト処理されたシフトノブなど、わずか10台の限定車のために、"KAMUI"のロゴ入り専用パーツをわざわざ製作してくれていることがファンとしてはとても嬉しい。




小林可夢偉選手は、この特別なセブンについて次のように語っている。
「僕にとってケータハム セブンはとてもピュアなクルマ。セブンを走らせると、車に走らされているのではなく、自分が車を走らせている感覚がある。ケータハム F1マシンでは、何もかもが電子制御されているけれど、セブンに乗っていると本当の意味で車が理解できるし、ドライビングの楽しさが良く分かってくる。この車は、すでに素晴らしい走りをする車だから、 僕がデザインすることでもっと魅力的な車にしたい」

また、ケータハム・カーズのチーフコマーシャルオフィサーを務めるデビッド・リドリー氏は、以下のようにコメントしている。
「日本はケータハムにとって 2番目に大きな輸出市場であり、日本のケータハムコミュニティは、小林の熱烈なファンだ。日本のファンにこの限定モデルを提供することが出来て嬉しい。いずれ、コレクターズアイテムになるのは間違いないだろう。可夢偉は、デザインのカスタマイズを楽しんでくれたし、テストドライブをした上で太鼓判を押してくれた」



この小林可夢偉リミテッド・エディションのセブンは、可夢偉選手の母国である日本だけで、限定わずか10台のみが販売される。価格は600万円(消費税込み)。ベース車のセブン 250は475万2,000円だが、レースパックを含む豊富なオプション+特別装備と限定台数を考えれば妥当といえるだろうか。6月1日に受注が開始されるので、気になる方はお早めに。デリバリーは今年の秋を予定しているという。10月初旬のF1日本GPに間に合うことを(そして購入した方のためにも開催期間中は天候に恵まれることを)祈りたい。お問い合わせは以下のリンクからケータハムカーズ ジャパンまで。

ケータハムカーズ ジャパン 公式サイト


By Hirokazu Kusakabe

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Caterham Seven Kamui Kobayashi Limited Edition

【PR】ケータハム セブンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Kamui Kobayashi

Related Gallery:Caterham Seven 160 Press Conference

Related Gallery:Caterham Seven 160

Related Gallery:Caterham Seven 160 Photos

Related Gallery:Kamui Kobayashi: Caterham F1 Team

Related Gallery:Caterham Seven 160 and 165

Related Gallery:Caterham AeroSeven Concept

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 04

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 05

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 06