オーダー当時の価格は「911ターボ」3台分! ワンオフのポルシェ「935 ストリート」
Related Gallery:Mansour Ojjeh's Porsche 935 Street Photos

今月18日にスパ・フランコルシャンで開かれた英競売最大手ボナムズのオークションに、マクラーレンの共同オーナーが特注したポルシェ「935 ストリート」が出品されたのでご紹介しよう。

このポルシェは、マクラーレンの株式を所有し、テクニーク・ダバンギャルド(TAG)の代表でもあるマンスール・オジェ氏がポルシェ本社にオーダーしたもの。

1980年代、オジェ氏とTAGはF1用ターボ・エンジンの開発をポルシェに依頼し、これを搭載した「マクラーレン TAGポルシェ」はアラン・プロストニキ・ラウダのドライブによって、3度のドライバーズ選手権と2度のコンストラクターズ選手権のタイトルを獲得した。

ちょうどその頃(1983年)、"ビジネス"でポルシェと深い関わりがあったオジェ氏は、ル・マン24時間レースをはじめ120を超えるレースで勝利を収めたグループ5レースカー「935」の公道仕様ともいうべきクルマをポルシェに注文(ただし豪華装備は満載で、というものだったらしい)。これに応えてワンオフで特別に製造されたポルシェが、今回オークションに出品された「935 ストリート」だ。

ボディシェルは当時の930型「911」の新品を使用し、これにグループ4仕様レースカー「934」の3.3リッター水平対向6気筒ターボを380psにデチューンして搭載。サスペンション、ブレーキ、そしてワイドなボディ・パネルは935用のパーツを取り付けたという。リム幅の深いBBS製15インチ・ホイールと345/35VR15サイズのタイヤも、935と同じディメンションだ。ボディ・カラーは深みのあるメタリックの「ブリリアント・レッド」、インテリアはクリーム色のレザーとウッドパネルが張られ、レカロ製シートやクラリオン製サウンド・システムを搭載する。特別仕様のリストは550項目におよび、ポルシェからオジェ氏に送られて来た請求書は17ページにもわたったという。当時支払われた金額については明らかにされていないが、新車の「911 ターボ」3台分になることは間違いないと見られている。

現在では顧客の様々な特別注文に応える「ポルシェ エクスクルーシブ」という部門があるが、この935 ストリートはその第1号になったという。それまでポルシェに特注できる人などいなかったらしい。F1用エンジンを特注するくらいのオジェ氏だからこそ可能だったということか。

ちなみにオークションはすでに終了しており、走行距離わずか1万2,000マイル(約1万9,300km)の状態で、23万ユーロ(約3,200万円)で落札された。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Mansour Ojjeh's Porsche 935 Street Photos

【PR】「935 ストリート」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Porsche Museum Warehouse Photos

Related Gallery:1973 Porsche 911 Turbo Factory Prototype Photos

Related Gallery:Porsche 911 Reimagined by Singer:First Drive Photos

Related Gallery:Essen Motor Show 2012: Porsche

Related Gallery:McLaren X-1

Related Gallery:Ferrari SP12 EC Photos

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-28

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-29

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-30