【ビデオ】世界にたった2台! 史上最高に魅力的なフェラーリ「625/250TRC」
ビンテージカー専門サイト『Petrolicious』が、伝説のフェラーリ「250 GTO」の映像を紹介してから約3週間。早くも新しい映像が届いたのでご紹介しよう。今回の主役は、おそらく地球上でもっとも希少で魅力的なフェラーリ「625/250 TRC」だ。


この1957年型フェラーリ「625/250 TRC」は、元々フェラーリのインポーターだった米のジョン・フォン・ノイマン氏が所有していたものだ。彼は新車の「625 TRC」を2台購入。彼自身と、そして後にホンダ F1に初勝利をもたらしたリッチー・ギンサーがドライブし、メキシコGP、ラグナセカ、リバーサイド、ポモナといったアメリカで開催された多くのレースで勝利をおさめている。

625 TRCには、フェラーリがルマン向けに開発した2.5リッター4気筒のレース仕様エンジンが搭載されていたが(625 × 4 = 2,500)、ノイマン氏はフェラーリに新品の3リッターV12エンジン(250 × 12 = 3,000)をオーダーし、これと積み替えた。「625/250 TRC」と呼ばれる所以だ。フェラーリのファクトリーで製造された625 TRCは、ノイマン氏が所有していた2台しか存在しないと言われている。ちなみにもう1台の625 TRCが2012年にオークションに出品された際には、400万ポンドという高値で落札されている(現在のレートで約6億8,500万円)。

この625/250 TRCは1961年に売却されたが、1962年シーズンになっても参戦したレースで勝ち星を重ねたという。5年前のレースカーが勝ち続けるなんて、いかに優れたクルマだったか分かるだろう。

美しい流線型のスレンダーなボディに、極上のサウンドを奏でるパワフルなエンジンという最強の組み合わせ。そして輝かしい戦績と2台しか存在しない希少性。「最高に魅力的なフェラーリ」と言うのも大袈裟ではないだろう。

それでは『Petrolicious』のビデオで、「625/250 TRC」のゴージャスな佇まいをお楽しみいただこう。ギャラリーには他にも美しく貴重なビンテージ・フェラーリの画像を多数ご用意したので、そちらもどうぞ。



By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:1957 Ferrari 500 TRC Spider

【PR】「625/250 TRC」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:1957 Ferrari 250 TR, chassis #0714TR

Related Gallery:1964 Ferrari 250 LM chassis #6017 Photos

Related Gallery:1962 Ferrari 250 GTO built for Stirling Moss Photos

Related Gallery:1963 Ferrari 250 GTO chassis #4675GT Photos

Related Gallery:1962 Ferrari 250 GTO SN 3445GT Photos

Related Gallery:1967 Ferrari 275 GTB/4 Berlinetta

Related Gallery:1949 Ferrari 166 MM Touring Barchetta - chassis # 0024 M

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-01

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-45

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-42