時速320km超えに挑戦する82歳のEVドラッグレーサー(ビデオ付)
Related Gallery:"Big Daddy" Don Garlitz and his EV dragster Photos

5月1日に米フロリダ州で行われたクォーターマイル(約400m)のEVドラッグレースで、DR/A3(ドラッグスター/382.9-448.8V)クラスの世界記録を7.526秒/178.42mphのタイムで更新したドン・ガーリッツ氏。「ドラッグレースの父」と呼ばれる御年82歳の伝説的ドライバーである同氏は、実は前日に先の記録を上回る7.26秒/184.01mphという大記録をたたき出していた。

しかし、EVドラッグレースのタイムを公式記録するアメリカの電気自動車ドラッグレース協会、National Electric Drag Racing Association(NEDRA)は、「ベストタイムと2番目に早いタイムの差が1パーセント以上ある場合は2番目の記録を採用する」というルールを設けているため、公式に認められたのは2番目のタイムだったのだ。

とはいえ、ガーリッツ氏がDR/A3クラスの世界最速EVレーサーであることに変わりはない。EVで200mphを目指す「Quest for 200 mph on batteries」チームを率いる同氏は、近日中に200mphに再挑戦する予定であるという。それはおそらく近いうちに達成されるだろう。ちなみに今月2日に行われた別のドラッグレースでは、A3より電圧がわずかに低いA2(330.1-382.8V)クラスで、女性ドライバーのクリステン・ステイシーが7.899秒/ 161.87mphという世界記録を樹立している。

それでは、ガーリッツ氏と同チームの夢の軌跡をまとめたビデオが公開されたので、早速ご覧いただこう。ガーリッツ氏の相棒であるSR-37の他に、黒いテスラ「モデルS」も登場しているのでぜひ注目してほしい。更に、米『FOX News』がクルマ情報コーナーで、ガーリッツ氏と中継をつないだときのニュース映像も特別に用意したので併せてチェックしてみよう。





By Domenick Yoney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:"Big Daddy" Don Garlitz and his EV dragster Photos

【PR】EV車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Venturi VBB-3 Photos

Related Gallery:Lola-Drayson B1269EV Photos

Related Gallery:Nissan ZEOD RC

Related Gallery:Nissan ZEOD RC

Related Gallery:Spark-Renault SRT_01E Formula E Racecar Frankfurt 2013 Photos

Related Gallery:Formula E Spark-Renault SRT_01E on the Las Vegas Strip Photos

Related Gallery:Rimac Concept One Photos

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-04

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-05

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-06