目指すは市販FF車ニュル最速の座! ルノーの新型「メガーヌ 275 トロフィー」が公開!!
Related Gallery:2014 Renault Mégane RS 275 Trophy Photos

先日、仏ルノーのスポーツ部門であるルノー・スポールから新型限定モデル「メガーヌ ルノー・スポール(RS) 275 トロフィー」のティーザー映像が公開されたが、今回は同車の概要が発表されたのでお伝えしよう。

メガーヌ RS 275 トロフィーは、ニュルブルクリンク(北コース)のラップタイムで8分を切ることを目指し、「UNDER8(8秒以下)」と銘打ったプロジェクトの下で開発されたクルマ。これまでメガーヌは、2008年に「メガーヌ R26.R」で8分16秒9、2011年に「メガーヌ ルノー・スポール トロフィー」で8分07秒9というタイムを記録し、FF車によるラップタイム・ランキングのトップに君臨していた。しかしその後、セアトレオン・クプラ280」がトロフィーの記録を9秒以上縮めた7分58秒44をマーク。残念ながらトップの座を明け渡す形となったが、このたびルノー・スポールはこの新しいメガーヌ トロフィーで再び王座への返り咲きを狙っている。

メガーヌ RS 275 トロフィーはその名前が表すように、フロントに搭載される2.0リッター4気筒ターボ・エンジンが2011年型を10hp上回る最高出力275hp/5,500rpm、最大トルク37kgm/3,000-5,000rpmを発揮。アクラポビッチのチタニウム製エキゾーストシステム、特別に開発されたミシュランの「パイロットスポーツ・カップ2」タイヤ、オーリンズのアジャスタブル・ダンパーなどを装備する。公道におけるパフォーマンスとサーキット走行時の優れたハンドリング、その両方に広く対応したという「シャシー・カップ」仕様に、リミテッド・スリップ・ディファレンシャルも標準装備し、エアロダイナミクスもさらに向上。インテリアにはレザー/アルカンターラ表皮のレカロ製バケットシートが採用され、後席やアルカンターラ巻きのステアリング・ホイール、シフトノブなども含め、各部に赤いステッチが施されている。

このメガーヌ RS 275 トロフィーは、6月26日〜29日にイギリスで開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で発表され、世界20ヶ国で10月から限定販売される予定。ニュルブルクリンクのラップタイムは6月16日にルノー・スポールの公式ウェブサイトで明らかになるが、まずはギャラリーでその姿をチェックしてみよう。詳細が気になる方はプレスリリース(英語)もどうぞ。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:2014 Renault Mégane RS 275 Trophy Photos

【PR】メガーヌの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2014Renault Megane

Related Gallery:Renault Megane Trophy

Related Gallery:Renault Megane R.S. Red Bull Racing RB8 Photos

Related Gallery:2013 Renault Clio: Paris 2012

Related Gallery:Renault Clio RS 200EDC

Related Gallery:Renault Clio RS Red Bull RB7

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-13

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-14

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-15