【スパイショット】ほぼカモフラなしの次期欧州向けホンダ「シビック TYPE R」をキャッチ!
Related Gallery:Honda Civic Type R Spy Shots Photos

2015年に登場する新型車の中で、最も期待されているモデルの1つであるホンダの次期欧州向け「シビック TYPE R」の開発車両が、ほとんどカモフラージュなしの状態でドイツの路上をテスト走行しているところをキャッチしたのでご紹介しよう。

この開発車両の外観は、今年3月のジュネーブ・モーターショーで公開されたコンセプトモデルに比べるとやや地味になってはいるが、それでも大きく張り出したフロントフェンダーや、大型リアウィング、彫りの深いフロントのエアダム、ゴールド仕上げの10本スポーク・ホイールなどが確認できる。ホンダは同車の性能について隠そうとしないが、その性能を聞けば隠す必要などないのがわかる。ボンネット下に搭載されるのは、276hpを発揮する新開発の2.0リッター4気筒ガソリンターボ・エンジンで、トランスミッションは6速MTが組み合わせられる見込みだ。

しかし、これがあくまでも欧州向けというのが残念なところ。ホンダが北米市場に同車を投入するよう、有志のファンがオンラインで署名活動を行っているが、去年の暮れにプロトタイプに試乗した我々としても、ホンダにはこの5ドアモデルの欧州以外への投入をぜひ検討してほしいと思う。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Honda Civic Type R Spy Shots Photos

【PR】「シビック TYPE R」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Honda Civic Type R Concept: Geneva 2014 Photos

Related Gallery:Honda Civic Type R Concept

Related Gallery:Honda Civic Type R

Related Gallery:2015 Honda Civic Type R Prototype Photos

Related Gallery:2015 Honda Civic Type R testing

Related Gallery:Civic Type R Spy Shots Photos

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-01

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-02

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-03