【ビデオ】航空機用の27リッターエンジン(!?)を積んだベントレー「GJ 400」
米人気司会者ジェイ・レノが、魅力的なクルマを紹介するウェブ番組『Jay Leno's Garage』。今回は、最新エピソードに登場した1930年式ベントレー「GJ 400」をご紹介しよう。

このGJ 400、レノの膨大な数のコレクションの中の1台だが、実はクラッシックカーではない。見た目はヴィンテージカーだが、中身はモダンにカスタマイズされており、ベントレー製の部品もほんのわずかしか使われていないという。エンジンはロールス・ロイス製の航空機用27リッターV12「マーリン」で、この燃料噴射式エンジンが生み出したパワーは、オートマティックの変速機を介して後輪へと伝わる。現代的なカスタムは巧妙に隠されており、例えばフロント部分のブロワーのようにみえる部品は、実はオイルクーラーだそうだ。車両重量はゆうに3トンを超えるという。

マーリン エンジンは第二次世界大戦中、航空機用エンジンの主力として使われたものの1つで、650~700hpほどの出力を発生すると、レノは語っている。限界まで回せば、1000hpを超える可能性もあるそうだが、それほどパワーがなくとも、彼の同車に注ぐ愛情は変わらないだろう。

このモンスター車を見たら、満面の笑みを浮かべるレノと同じように好きになってしまうこと請け合い。早速ビデオをチェックしてみよう。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2014 Bentley Continental GT V8 S

Related Gallery:Bentley Hybrid Concept

Related Gallery:2013 Bentley Continental GT Speed: First Drive Photos

Related Gallery:2014 Bentley Continental GTC V8 S Photos

Related Gallery:2014 Bentley Flying Spur Geneva 2013

Related Gallery:Bentley EXP 9 F Concept Geneva 2012 Photos

Related Gallery:Bentley Mulsanne Vision Concept Photos

【PR】GJ 400の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Vodafone charging truck

Related Gallery:ASUS UX Series ultraportable notebooks

Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on