【字幕付きビデオ】米国有数の自動車博物館を訪ねてみよう!
クルマ好きが死ぬまでにやっておきたいことに挑戦する当サイトのオリジナル番組『ザ・リスト』。これまでお送りした"バハ1000に出場し、夜通し走ること"や"戦車の運転に挑戦すること"、"レモン24時間レースに参戦すること"などは、すべてのクルマ好きに共通する項目ではないかもしれない。しかし、今回ご紹介する"自動車博物館を訪ねること"は多くのクルマ好きがリストに挙げる項目だろう。

米国内各地に数ある自動車博物館の中から番組が選んだのは、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるピーターセン自動車博物館。ここではクルマだけでなく、クルマと共に発展した町の歴史を知ることができる。またハリウッドが近いことから、エンターテインメントに関連する展示も行われている。車両の種類も幅広く、1897年に17歳の少年が作った電気自動車から、ブガッティ ヴェイロンまで。

番組ホストのジェシーとパトリックは、館内の展示を楽しむだけでなく、その舞台裏にも潜入。館長の展示企画にまつわる話や車を管理する担当者の話を伺った。そして最後は、スティーブ・マックイーンが愛した超稀少なジャガーでドライブ...。

それでは、ビデオで博物館の様子をお楽しみいただきたい。



By John Neff
翻訳・字幕制作:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:ViperVette

【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Lenovo IdeaPad U260

Related Gallery:

Related Gallery:Volkswagen XL1 - Ginebra 2013

Related Gallery:Dynamics Redemption credit card

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:BaubleBar & Essie Launch a New Collaboration

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Starhawk (PS3)

Related Gallery:

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 05 03