【ビデオ】ラジコンカーを使った映画『ワイルド・スピード』のトリビュート映像
今回は、映画キャラクターのフィギュアやラジコンカーを使用した映像作品を集めたYouTubeチャンネル『Vax Studio』が、ラジコンカーを使った『ワイルド・スピード』のトリビュート作品を制作したのでご紹介しよう。

作品には日産「GT-R」、シボレー「カマロ」のクラシックモデル、日産「シルビア」、そして2台のパトカーとして現行「カマロ」が登場する。『Vax Studio』は自らをアマチュア集団と称しているが、かなりハイレベルな仕上がりだ。カーアクションをより際立たせるためにCGも使用しており、プラスチック製のラジコンカーがまるで本物のクルマに見える。『ワイルド・スピード』ファンにとっては必見だが、もしそうでなくても充分に楽しめるだろう。

これまでにもお伝えしてきたとおり、『ワイルド・スピード』の7作目となる最新作の公開まであと1年。それまでの間はこちらのトリビュート作品で楽しんでほしい。それでは早速、ビデオをチェックしてみよう。



By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】ワイルド・スピードの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:iPad CAD drawings and prototypes

Related Gallery:Nckia NG

Related Gallery:

Related Gallery:Ghost Trick: Phantom Detective (10/08/10)

Related Gallery:

Related Gallery:Lazarus The Cat

人気フォトギャラリー
Related Gallery:2011 Shelby GT350

Related Gallery:2013 Honda Accord EX-L Sedan

Related Gallery:tokyo-autosalon-2013-girls01-02