【ビデオ】なぜシトロエン「2CV」が愛されてきたのかをクリス・ハリスが解説
イギリスの辛口自動車評論家クリス・ハリスといえば、最近ではジャガー「Fタイプ」マクラーレン「P1」プロトタイプ、そしてメルセデス・ベンツ「C63 AMG」などの試乗レポートを行っている。また、俳優のポール・ウォーカー氏の死亡事故をきっかけにポルシェ「カレラGT」などのスーパーカーが批判されたことに対し、苦言を呈していたのも記憶に新しい。しかし今回、彼が試乗したのは、いつものスーパーカーではなく、最高出力12hpの1957年型シトロエン「2CV」だ。

ハリス氏は、2人の農夫と50kg分のじゃがいもを乗せて39mph(約63km/h)で走れるように開発された2CVについて、「(私が仕事で乗っているような)最先端のクルマに対する、いわば解毒剤のような存在」と語り、「こんなにワクワクするクルマは後にも先にもないだろう」と絶賛。同車が多くの自動車ジャーナリストから称賛を受けてきたのは間違いないが、彼の口からこれだけの褒め言葉が出るとはなんとも意外だ。

今回ご紹介するビデオでは、珍しくドリフトのシーンはゼロ。ごきげんな様子でクラシックカーを運転するハリス氏をぜひご覧いただきたい。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Citroen 2CV Photos

【PR】シトロエン2CVの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Paris 2008: Citroen 2CV by Hermes Photos

Related Gallery:Citroen 2CV

Related Gallery:Citroen DS

Related Gallery:Citroen DS Pallas

Related Gallery:Citroën C1

Related Gallery:Citroën Cactus Concept: Frankfurt 2013

Related Gallery:Citroen online shop

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 02

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 06