【ビデオ】SRT「ヴァイパー」と
Autoblogではこれまでにも何度かスーパーカーと戦闘機の対決をご紹介してきたが、今回は2014年式SRT「ヴァイパー」と、"ヴァイパー"の愛称を持つ米国の戦闘機「F-16」によるドラッグレースの模様をお届けしよう。

「F-16」には、「ファイティング・ファルコン」という公式の愛称があるが、パイロットたちの間では、V10搭載のスーパースポーツカーと同じ"ヴァイパー"という名で親しまれている。そんなこともありクライスラーとダッジ公認のオーナーズクラブ「ヴァイパー・クラブ・オブ・アメリカ(VCA)」が今回の対決を企画した。戦いの舞台は、米アリゾナ州にあるルーク空軍基地の滑走路。VCA全米本部の書記であるジョン・カナル氏がSRT ヴァイパーのステアリングを握り、チャック・モフェット大尉がF-16を操縦し、3000フィート(914.4メートル)の"走行スピード"を競った。

この対決を制したのは、クルマか戦闘機か? 早速ビデオでその結果をチェックしてみよう。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:

【PR】SRTバイパーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!
Related Gallery:Simple card unboxing / app gallery

Related Gallery:Samsung Galaxy Tab vs. Apple iPad

Related Gallery:

Related Gallery:SEMA 2010: Toyota Prius C&A Custom

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Ford Performance Racing Ford Falcon V8 Supercar COTF

Related Gallery:Fiat Uno Sporting (Brasil)

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 04 01