【レポート】2014年の「ベストインテリア トップ10」が発表! 日本からはマツダがランクイン
Related Gallery:2014 Wards 10 Best Interiors

昨年に引き続き、米自動車メディア『Wards Auto』が、2014年度の「ベストインテリア トップ10」を発表したのでご紹介しよう。

賞の名前からも分かるように、このランキングは米国で販売されている車種の中でインテリアが優れているモデルを選ぶもの。対象となるのは、デザインが一新もしくは大幅に改良された新型車となっている。入賞した10車種は以下(アルファベット順)のとおり。

<2014年ベストインテリア トップ10>
シボレー「コルベット・スティングレイ」(71960ドル=約732万円)
クライスラー「200」(31470ドル=約320万円)
GMC「シエラ デナリ」(56685ドル=約576万円)
ヒュンダイ「エクウス アルティメット」(68920ドル=約701万円)
ジープ「チェロキー リミテッド」(37,525ドル=約382万円)
起亜「ソウル+」(24010ドル=約244万円)
マツダ「マツダ3(日本名:アクセラ)」(30,415ドル=約309万円)
メルセデス・ベンツ「S550」(122895ドル=約1,249万円)
ロールス・ロイス「レイス」(372800ドル=約3,790万円)
フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」(30695ドル=約312万円<推定>)

トップ10を見ると、納得のいく顔ぶれが並ぶなかで、意外にも起亜「ソウル」ジープ「チェロキー」がランクインを果たしている。そして何より興味深いのは、24,010ドル(約244万円)と安価な起亜から372,800ドル(約3,790万円)もする超高級なロールス・ロイスに至るまで、ランクインしている車種の価格帯が幅広いことだ。賞によっては、ランキングの選定の中で意図的に高級車が除外されることもあるので、これは珍しい結果と言えるだろう。

皆さんは、この結果についてどう思うだろうか? ぜひ皆さんの意見を、コメント欄で聞かせてほしい。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2014 Wards 10 Best Interiors

【PR】アクセラの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2014 Chevy C7 Corvette Stingray First Drive Photos

Related Gallery:Spy Shots 2012 Chrysler 200 Convertible

Related Gallery:2014 Hyundai Equus New York 2013

Related Gallery:2014 Jeep Cherokee First Drive Photos

Related Gallery:2014 Mazda3: Revieiw Photos

Related Gallery:Rolls-Royce Wraith Photos

Related Gallery:2015 Volkswagen GTI First Drive Photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-30

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-31

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-25