より滑らかに動き、手先も器用! ホンダの新型「ASIMO」が登場
Related Gallery:Honda Asimo (2014 update) Photos

Related Gallery:Honda ASIMO (2011 update) Photos

ホンダが2000年に発表し、世界に衝撃を与えた2足歩行ロボット「ASIMO」。以来、ASIMOは運動面、知能面で進化を続け、様々な機能が追加されてきた。その最新版が4月15日(現地時間)に放映される米の人気トークショー『LIVE with Kelly and Michael』に登場する。

新型は、先代型よりも走るスピードが速くなり、階段もよりスムーズに上ることができる。片足でバランスを上手に取り、ジャンプもこなす。また、手先の器用さが向上し、日米の両方の手話もできるようになった。このTVショーに出演する際には、他にも様々な新機能を番組ホストのケリーやマイケルの前で披露してみせるだろう。

ASIMOという名称はAdvanced Step in Innovative Mobility(新しい時代へ進化した革新的なモビリティ)の略で、この名前から分かる通り、もともとは支援を必要とする人々を助けるために開発された。新型モデルの身長は130cm、重量は50kgで、中身の大部分はマグネシウム合金とプラスチックから出来ている。2011年に登場した3世代目からは、世界初となる自律制御機能(足元が悪い場合でも姿勢を自動で制御したり、障害物をよけて進むなど)を備え、その機能も進化しているが、新型に搭載されているリチウムイオンバッテリーの稼働時間が1回の充電でわずか40分と、先代から変わっていないのが残念だ。

現時点では、ホンダのディーラーに行ってもASIMOを購入することはできないが、このロボット技術は他のホンダ製品に応用されている。その第1号となるのが自走式芝刈りロボット「Miimo(ミーモ)」だ。また、バランス制御技術や移動技術を取り入れた電動のパーソナルモビリティー「UNI-CUB β (ユニカブ ベータ)」などもある。

ASIMOについて、さらに詳しい情報が知りたい方はプレスリリース(英語)をどうぞ。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Honda Asimo (2014 update) Photos

Related Gallery:Honda ASIMO (2011 update) Photos

【PR】ASIMOの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Honda Miimo Robotic Lawnmower Photos

Related Gallery:Tokyo Auto Salon2014 Honda Miimo

Related Gallery:Honda UNI CUB beta Photos

Related Gallery:Honda History of Humanoid Robotics

Related Gallery:Honda HF2620 Mean Mower:The fastest lawn mower Photos

Related Gallery:Honda Mean Mower Breaks a Guinness World Record

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-14

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-16

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-18