【ビデオ】ハーレーのエンジンを搭載したトヨタ「プリウス」!
Related Gallery:Google Now for iOS hands-on

今回は、トヨタのハイブリッドカー「プリウス」にハーレーダビッドソンのエンジンを積んだ何ともユニークなクルマが米オークションサイト、「eBay Motors」に出品されているのでご紹介しよう。

この情報は、車専門サイト『Jalopnik』に寄せられたもので、2008年製のプリウスからエンジンを取り払い、代わりに1986年製のハーレーダビッドソン「スポーツスター883」の1100cc空冷Vツインを搭載している。

プリウスに搭載されていたハイブリッドシステム「ハイブリッド・シナジー・ドライブ」は取り除かれ、ハーレーのVツインを載せるためにボンネットには穴が開けられている。この改造についてオーナーは「トヨタが巨額の費用と数十年もの年月をかけて開発した、複雑すぎてつまらない代物を10ミリレンチとワイヤーカッターを使って数時間で取り外し、古典的な空冷2気筒に置き換えた」と豪語しているという。

また、ル・マン24時間レースをもじった「レモン(LeMons)24時間レース」に参加するため、予算条件に合うようプリウスのパネルの一部は取り外され、無料で手に入れたというボロボロのパネルに換えられている他、レース仕様のシートやハーネス、消火器などを搭載している。ちなみにこのクルマ、現在は走行できない状態だそうだ。

トヨタとハーレーを合体させた、この"ToyoHog"を皆さんはどう思われるだろうか。詳細が気になる方は、ぜひeBay Motorsのサイトでチェックしてみよう。ちなみにオークションは4月1日に500ドル(約5万1,800円)からスタートし、2日後の4月3日に1,275ドル(約13万2,200円)まで入札価格が上がっている。同車のギャラリーと実際に走る姿をおさめたビデオ(実際に動き出すのは1分あたり)も併せてどうぞ。




By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Google Now for iOS hands-on

【PR】プリウスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:

Related Gallery:Review Samsung Focus: Kamerabilder

Related Gallery:Phosphor World Time E Ink watch review

Related Gallery:2011 Honda Brio

Related Gallery:

Related Gallery:Tory Burch's Fall 2013 Collection

Related Gallery:Nokia Asha Touch 305 and 306

人気フォトギャラリー
Related Gallery:Samsung ATIV Windows 8 tablet hands-on

Related Gallery:Honda Odyssey 2007 (EEUU)

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-03