【ビデオ】F1チームBRMが残した遺産を次世代へ守り継ぐ親子の物語
初代「モナコ・マイスター」と呼ばれたグラハム・ヒルを輩出し、1962年にはドライバーとコンストラクターのダブル・タイトルに輝いたイギリスのF1チーム、BRM(ブリティッシュ・レーシング・モータース)。1977年に消滅したこの伝説的なチームがF1の歴史に残した遺産、貴重なF1マシンの保存に力を入れている親子をご紹介しよう。

自動車情報メディア『XCAR』が、主にヒストリック・レーシングカーのレストア等を行うHall & Hall社のリックとロブのホール親子を取材。映像では、ホール親子がBRMのF1マシンの修復と維持に携わるようになったいきさつや、BRM以外のヴィンテージF1マシンとの関わり合いについて語っている。また、親子揃ってF1を描いた映画『ラッシュ/プライドと友情』(2014年2月7日より公開中)の制作に関わったこと、フェラーリの歴代F1マシンが世界の道を走るシェルのCM作りにロブが参加したエピソードなども話してくれている。

では、ホール親子がヴィンテージF1マシンを語るXCARのビデオをご覧いただこう。その下にご紹介する件のシェルのCMも必見だ。






By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Stills from the Ron Howard F1 film Rush Photos

【PR】F1マシンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Ferrari 458 Italia dedicated to Lauda

Related Gallery:Lotus F1 cars

Related Gallery:Honda F1 history

Related Gallery:Ferrari F14 T

Related Gallery:McLaren Honda: Honda Collection Hall

Related Gallery:Martini livery in Formula 1 Photos

Related Gallery:1964 Honda RA271 Tokyo 2013 Photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Intel Keeley Lake concept convertible

Related Gallery:Vodafone charging truck

Related Gallery:ASUS Eee PC X101 hands-on