ポルシェ「ボクスターGTS」と「ケイマンGTS」の詳細が発表
Related Gallery:Porsche Boxster GTS and Cayman GTS Photos

20年ほど前のデビュー当時、"ベイビー911"や"貧乏人のポルシェ"などと呼ばれた「ボクスター」。その10年後に「ケイマン」が登場した際も同じように揶揄されたが、2012年に現行モデル「981」型が発表されたのを機にその陰口はやんだ。その理由は、ツッフェンハウゼンから送り出された2つの新しいエントリー・モデルが、偉大な兄に迫るほどの性能を持つようになったからだ。そして、今回発表された新型モデル「ボクスターGTS」と「ケイマンGTS」の誕生により、ますますその評価は大きなものになるだろう。

ボクスターGTSとケイマンGTSは、それぞれ「ボクスターS」と「ケイマンS」をベースとしている。両車とも3.4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載し、ボクスターGTSは最高出力330ps/6,700rpm、最大トルク37.7kgm/4,500-5,800rpm。ケイマンGTSは340ps/7,400rpm、38.7kgm/4,750-5,800rpmを発揮。どちらもベースモデルに比べて15psと1kgmずつ向上している。また、両車共にスポーツクロノパッケージ、ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)、ブラック仕上げのポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)付バイキセノンヘッドライト、20インチ「カレラS」アロイホイールが標準装備されている。

911 GT3」にMT設定がなくてガッカリした方にとって、GTSに6速MTが標準装備されたことは朗報だろう(もちろん7速PDKモデルも用意されている)。0-100km/hは、7速PDKでスポーツクロノパッケージに備わっているスポーツ・プラススイッチをオンにした場合、ボクスターGTSが4.7秒、若干パワーの上回るケイマンGTSが4.6秒だという。どちらもボクスターS、ケイマンSを3分の1秒ほど短縮するタイムだ。更に室内もアップグレードされており、スポーツシートとアルカンターラのトリムが採用されている。

どちらも今夏にはショールームにお目見えする予定(日本では4月3日から受注を開始)。価格はボクスターGTSが7万3500ドル(約750万円、日本の公式HPでは消費税8%込みで885万円)、ケイマンGTSが7万5200ドル(約770万円、同915万円)。諸費用も含めるとGTSはSモデルより約1万ドル高くなるが、スポーツクロノパッケージやPASMが標準装備されていることを考えれば、決して高いとは言えないだろう。

北米市場向けのプレスリリース(英文)を入手したので、詳細はそちらでご確認いただきたい。
日本語版のプレスリリースはこちらから。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Porsche Boxster GTS and Cayman GTS Photos

【PR】ボクスターGTSの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2013 Porsche Boxster Photos

Related Gallery:2013 Porsche Boxster S First Drive Photos

Related Gallery:2013 Porsche Boxster S First Drive Photos

Related Gallery:First Drive: 2011 Porsche Boxster Spyder

Related Gallery:2014 Porsche Cayman S: First Drive Photos

Related Gallery:2011 Porsche Cayman R First Drive

Related Gallery:Porsche Cayman Type 981c

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-04

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-05

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-06