【ビデオ】目隠しをしてスラロームに挑戦! 成功例、失敗例、失敗のその後を紹介
目隠しをしてクルマのハンドルを握り、スラロームを競うなど馬鹿げたアイデアだと分かってはいても、やはり面白いものは面白い。今回は、成功例、失敗例、そして失敗した場合のその後をビデオでご紹介しよう。

ルールは簡単。まず、ドライバーに目隠しをする。そして、助手席に座ったコ・ドライバーの指示でスラロームのタイムを競う、というもの。当然、ドライバーはクルマの進行方向が分からないためクラッシュしてしまう可能性が高い。おんぼろ車ならいざ知らず、ビデオに登場するようなピカピカに磨き上げられた70型トヨタ「スープラ」で参戦し、壁に激突するようなことだけは避けたいものだ。その運命はコ・ドライバーの腕にかかっている。

それでは早速ビデオを見てみよう。また、"目隠しスラローム"に挑戦してみたい人は是非コメントを寄せて頂きたい。




BY Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Toyota Supra: Through the Years Photos

【PR】目隠しスラロームに挑戦する前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Toyota Supra Rendering

Related Gallery:2014 Toyota Aygo Photos

Related Gallery:2014 Toyota Highlander: First Drive Photos

Related Gallery:Toyota GRMN 86 Concept: Tokyo Auto Salon 2014

Related Gallery:Toyota FT-1 Concept Photos

Related Gallery:Toyota Voxy

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-37

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-40

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-43