【ビデオ】英誌の編集長が「史上最も美しいクルマ」と呼ぶイーグル社の「Eタイプ」
先日、シンガー・ビークル・デザイン社が手掛けたポルシェ「911」についてお伝えしたばかりだが、今回は英イーグル社がジャガーの「Eタイプ」をレストア&カスタムしたモデル、「ロー・ドラッグGT」をご紹介しよう。

この映像の中で、英自動車専門雑誌『EVO』の編集長は同車を「かつてない(ほど美しい)クルマであり、0-60mphが約4.5秒と速さも十分だ」と絶賛。このロー・ドラッグGTは、1960年代にたった3台のみが作られた「Eタイプ ロー・ドラッグ・クーペ」をモチーフに製作されたもので、エンジンはジャガー製の直列6気筒をベースにしているが、オールアルミ製で4.7リッターにボアアップ、最高出力346hpと最大トルク49.7kgmを発揮するという。ボディ、トランスミッション、デファレンシャルもすべてアルミニウム製で、車両重量は約1038kgまで軽量化されている。さらに現代的なアップグレードが施されており、足回りにはスウェーデンの「オーリンズ社」製のショックアブソーバーや、ハイパフォーマンス車用の部品を製造する英の「APレーシング社」製ブレーキシステムを採用。インテリアへのマッチを重視して選ばれたGPSナビを装備し、天井にはアルカンターラが張られている。車内空間や足元のスペースもオリジナルのEタイプより広くなっているそうだ。価格はオーナーのカスタマイズの要望によって異なるそうだが、フェラーリラ・フェラーリ」の約半分ほどの価格、つまり約70万ドル(約7126万円)だという。

最も美しいデザインとして必ず名が挙がるジャガー「Eタイプ」。30年にわたり、この偉大なクラシックカーのレストア、アップグレード、カスタマイズを担ってきたイーグル社が手掛けた「ロー・ドラッグGT」の走行を是非ビデオでご覧いただきたい。詳細が知りたい方はイーグル社のプレスリリースもどうぞ。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連フォトギャラリー
Related Gallery:Eagle Low Drag GT Photos


【PR】ジャガーEタイプの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!
Related Gallery:1961 Jaguar E-Type

Related Gallery:Jaguar E-type Sr.III

Related Gallery:Lana Del Rey and the Jaguar F-Type

Related Gallery:2014 Jaguar F-Type V8 S: Review Photos

Related Gallery:Jaguar Project 7 Concept Photos

Related Gallery:2012 Jaguar XKR-S Convertible Photos

Related Gallery:Porsche 911 Reimagined by Singer:First Drive Photos

人気フォトギャラリー
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 01

Related Gallery:IAA 2013 Hostessen and sexy Girls von Frankfurt

Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On