富士重工業は、現在開催中のジュネーブ・モーターショーにおいて、ハイブリッド車の次世代クロスオーバー・コンセプト「SUBARU VIZIV 2 CONCEPT(スバル ヴィジヴ 2 コンセプト)」を世界初公開した。

Related Gallery:Subaru Viziv 2 Concept: Geneva 2014

Related Gallery:Subaru Viziv 2 Concept Photos

「SUBARU VIZIV 2 CONCEPT」(以下VIZIV2)は、2013年に同じジュネーブで発表された「SUBARU VIZIV CONCEPT」および同じ年の東京モーターショーに出展された「SUBARU VIZIV EVOLUTION CONCEPT」に続く、「スバルブランドの提供する価値である『安心と愉しさ』の一つの方向性を示した次世代クロスオーバーコンセプト」であるという。ちなみに「VIZIV」とは「Vision for Innovation」を語源とする造語で「革新のための未来像」という意味を表しているそうだ。



ヘッドライトやフロント・グリル、リア・ハッチゲート周辺にBピラー、Cピラーの形状等々、VIZIV2のエクステリアは、これまで発表されたモデルよりもずっと現実的なデザインとなっている。さらに4ドアとなったことでクロスオーバー車としての実用性も高まり、少なくとも外観は市販モデルに大きく近づいたと見ていいだろう(とはいえこのコンセプトカーでは、フロント・ドアが前ヒンジの跳ね上げ式、リア・ドアは後方にスライドという大胆な開き方をするので、このまま市販化されるとは考えられないが)。

ボディ・サイズは全長4,435mm × 全幅1,920mm × 全高1,530 mm。ショーカーならではのワイドなフェンダーを除けば、「XV」より15mm短く、20mm低いだけ。大径ホイールは20インチで245/45 ZR20サイズのタイヤが装着されている。

インテリアはまだまだ非現実的、遊び心も感じられる未来的な雰囲気だ。ドアシルやセンター・トンネルなど、ボディ骨格がデザインの一部として取り入れられており、「ダイナミックで愉しい走りを想起させるインテリア」に仕立てたという。




注目のパワートレインは、コンセントからも充電できるプラグインハイブリッドで、スバルが研究中のエンジン+3モーターを使った全輪駆動。1.6リッター水平対向直噴ターボ"DIT"に「リニアトロニック」と呼ばれるCVTと1個のモーターを組み合わせて前輪を駆動し、後輪車軸前方に搭載された2個のモーターが、それぞれ独立して左右の後輪を駆動する。前後のパワートレインは機械的につながっておらず(もちろん電気的にはつながっている)、床下にプロペラシャフトは存在しないが、代わりにリチウムイオン電池が積まれていて、システム全体の配置はやっぱり左右対称、つまりスバルの言う「シンメトリカルAWD」は継承されているのだ。

さらにVIZIV2には、「EyeSight」でお馴染みのステレオカメラによる前方認識を軸に周囲360°をセンシングすることで実現したという、オートパイロット・システムも搭載されている。これは「安心と愉しさのための重要な技術の一つと位置づけ」として織り込んでいるそうだ。




東京モーターショーでスバルのエンジニアの方から伺ったお話によれば、このVIZIVは「フォレスターより低いルーフで立体駐車場にも入れて、悪路も走れるクルマ」として開発されているという。次期XVですか? とお訊きしたら「そうとは言えないけれど、それに近いコンセプトですね」と仰っていた。

スバルが「リヤ独立モーター駆動タイプシンメトリカルAWD」と呼ぶハイブリッドの4輪駆動システムについては「現在研究中」とのこと。「まだ制御が、従来のAWD(全輪駆動)の域には達していないんです。つまり、タイヤが滑ってからセンサーがそれを感知し、コンピューターに(情報を)送ってから(モーターの)駆動に返ってくるまで、その"反射神経"が遅い。"スバルのAWD"として出せる域には達していません。ただ、4駆で燃費も良いということになると、こういうシステムになるかなと。2020年より前には完成させたい」

価格は結構高くなりそうですが?

「そうですね、今の時点ではコストの問題もあります。Cセグメントのクルマで400万円というのでは、ウチでは出せません。バッテリーと、あとモーターも冷却性能を高めれば小型化できるので、今後コストも下がると見込んでいます」

このシステムは、いずれは「インプレッサ」など他の車種にも応用されるのでしょうか?

「当然あるでしょうね。とにかく、従来のAWDはギアの生じるロスとか、もう限界までやっているので」



このVIZIV2は、単純に次期型・新型車を示唆するだけでなく、スバルが目指す未来のための、様々な技術・要素が込められているとても重要なコンセプト・モデルである。写真では分からない内部に採用されている技術については、以下にご紹介する一番上の動画を是非ご覧になり、"スバルの未来"に想いを馳せていただきたいと思う。


By Hirokazu Kusakabe









■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Subaru Viziv 2 Concept: Geneva 2014

Related Gallery:Subaru Viziv 2 Concept Photos

【PR】VIZIVの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:SUBARU VIZIV CONCEPT

Related Gallery:Subaru Advanced Tourer Concept : Tokyo Motor Show 2011

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-subaru

Related Gallery:2014 Subaru XV Crosstrek: New York 2013 Photos

Related Gallery:Subaru XV Hybrid

Related Gallery:SUBARU XV SPORT CONCEPT

Related Gallery:2013 Subaru XV Crosstrek First Drive Photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 02

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 09

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 08: AIWA