【ジュネーブ2014】アウディ「RS4アバント・ノガーロ・セレクション」がデビュー!
Related Gallery:2014 Audi RS4 Nogaro Selection: Geneva 2014 Photos

Related Gallery:Audi RS4 Avant Nogaro selection Photos

スイスで開幕したジュネーブ・モーターショーで、アウディRS4 アバント・ノガーロ・セレクション」が初公開された。

2012年に発売された「RS4 アバント」の派生モデルにも拘わらず、このクルマをわざわざご紹介するのは、筆者がこれまで運転した中で最も好きなクルマの1つが、先代モデルのアウディ「RS4 セダン」だからだ。室内の匂い、サウンド、6速マニュアル・トランスミッションでギアをシフトしたときの感覚、ステアリングホイールの感触。何もかもが懐かしく思い出される。著名モータージャーナリスト、故デイビッド・E・デイビスJr.がスプリント・ブルーの「RS4」でカリフォルニアの山道をひた走るビデオを見返しては、ノスタルジーに浸ってしまうほどだ。

ちなみに「ノガーロ」という名前は、1993年のフランス・ツーリングカー選手権でフランク・ビエラ選手が2勝を挙げたノガーロ・サーキットから名付けられた「ノガーロ・ブルー」という特別なボディーカラーを表す。アウディのスーパー・ラグジュアリーカーの原点である「RS2 アバント」にもかつて同じ色が使われていたことから、「RS4 ノガーロ」は「RS2」へのオマージュとも言えるだろう。

では、ノガーロの外観を見てみよう。なんといってもスラリと伸びた長いルーフが美しい。さらに特徴的なブルーのペイントとコントラストを成す、グロッシー・ブラックで塗られた排気口やウインドウフレーム、グリルの縁取り、マットブラックのルーフレールが目を引く。そして特別仕様の20インチホイールもエクステリアを引き立てている。搭載する自然吸気4.2リッターV8エンジンは、最高出力450hp、最大トルク43.8kgmを発揮。0-100km/h加速は4.7秒と発表されている。

また、インテリアは内装をブラックに統一した「オールブラック」と、ドアパネルやアルカンターラのシートにノガーロ・ブルーのアクセントが入った「ノガロ・ブルー・アルカンターラ」の2タイプが用意されるようだ。

それでは、ギャラリーで写真をじっくりとご覧いただこう。併せて、アウディのプレスリリース(英語)もどうぞ。

By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連フォトギャラリー
Related Gallery:2014 Audi RS4 Nogaro Selection: Geneva 2014 Photos

Related Gallery:Audi RS4 Avant Nogaro selection Photos

【PR】アウディの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2013 Audi RS4 Avant Photos

Related Gallery:Audi TT and Audi TTS

Related Gallery:Audi S1 Official Images Photos

Related Gallery:2013 Audi RS5 Review

Related Gallery:2013 Audi RS5 Cabriolet Photos

Related Gallery:2013 Audi RS6 Avant: First Drive Photos

Related Gallery:2013 Audi RS6 Avant Geneva 2013

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-23

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-33

Related Gallery:Tokyomotorshow2013-companion-03