【ジュネーブ2014】マツダ、次期型「デミオ」を示唆するコンセプトカー「跳(HAZUMI)」を発表!
マツダは3月4日、開幕したジュネーブ・モーターショーにおいて次世代コンパクトカーのコンセプト・モデル「マツダ跳(HAZUMI)」を世界初公開した。公式ビデオや現地から届いた写真も合わせてご紹介しよう。

「コンパクトなボディから弾けるようなエネルギーを発し、野生動物のように勢いよく跳躍するイメージ」から「跳(HAZUMI)」と名付けられたこのコンセプト・モデルは、「マツダの次世代コンパクトカーを示唆」しているという。そしてそれは「マツダがターゲットとする若々しく、常にチャレンジ精神を忘れないカスタマーの姿にオーバーラップ」するとのこと。

アテンザ」や「アクセラ」と共通のイメージを感じさせるスタイリングは、「魂動(KODO)-Soul of Motion」と呼ばれるデザインテーマによるもの。その中身にはもちろん、マツダ自慢の最新技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」テクノロジーが投入されている。さらに装備も上位モデルと同じく、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」や、スマートフォンと連携するカー・コネクティビティ・システム「Mazda Connect(マツダコネクト)」などを搭載。ということは、これらはそのまま「マツダの次世代コンパクトカー」、つまり次期型「デミオMazda2)」にも採用されることが期待できそうだ。




「ソウルレッドプレミアムメタリック」で塗られた(兄弟達に比べるとちょっと短い)フロントフードの下には、期待通り「高効率・クリーンな特性を持ち、トルクフルかつリニアに加速する走りと優れた環境性能を実現する」という新開発の小排気量クリーンディーゼル・エンジン「SKYACTIV-D 1.5」が搭載されている。トランスミッションは「SKYACTIV-DRIVE」6速AT。室内には美しくレザーが張られたシフトレバーと、ステアリング・ホイールの裏にパドルも見える。アイドリング・ストップ・システム「i-stop」や、減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」も搭載し、CO2排出量は「90g/km以下を想定」しているという。


ボディのサイズは、全長4,070mm × 全幅1,730mm × 全高1,450mm。現行型デミオに比べると、170mm長く、35mm幅広く、25mm低い。ホイールベースは95mm延長され、2,585mmとなっている。日本では3ナンバーとなる車幅が市販化のときにどうなるのか気になるところだが、世界戦略車としてヨーロッパ製のライバル達と競うことを考えれば、1,700mm未満に拘るわけにはいかないのかも知れない。「フィット」や「ヴィッツ」より長いホイールベースは、後部座席の足元など居住性の改善が期待できる。凝ったデザインのホイールは、ショー用と思われる18インチ。215/45R18サイズのタイヤが装着されている。センター出しのデュアル・エキゾースト・テールパイプや、各部に見られるカーボンファイバーがスポーティでカッコ良い。マツダが「次世代コンパクトカー」にどのようなイメージを与えたいのか、よく分かる。




エクステリアは「生物が見せる一瞬の動きの強さ、美しさや緊張感を追求した魂動デザインをコンパクトカーのパッケージに凝縮することで、独特な『走りの骨格』を備えたスタイリングの実現に注力」したという。チーフデザイナーの柳澤 亮氏は次のように語っている。

「『靭(SHINARI)』のような全長の長いモデルでは、前後の伸びやかな動きによるハイスピードな躍動感によりデザインテーマ『魂動』を表現してきました。『跳』では、動物がスタートダッシュの前に筋肉を収縮させて力を溜め込むような、爆発的な動きを感じさせるフォルムを創り出しています。小さいながらも圧倒的な存在感を放ち、『走る歓び』を全身で体現しています」

独立4名用シートを備えた(これもショーカーとしての演出に違いないが)インテリアは、黒いレザーを基調に、インストゥルメント・パネルとドア内側などにアイボリー・ホワイトのレザーが張られ、シート表皮には「真紅のヌバック調素材」を採用したとのこと。センター・ディスプレイの他に、「アクティブドライビングディスプレイ」と呼ばれるヘッドアップ・ディスプレイも装備されている。金属とアクリル素材を組み合わせたパーツなど、「光と影が織りなす彫刻的な造形表現」したという各部の質感は高そうだが、市販化されるときの実現可能性は低いと言わざるを得ないものも。




「コンパクトカーでありながら妥協することなくマツダのクルマづくりを追求した」という跳(HAZUMI)は、「マツダの次世代コンパクトカーの理想形を示唆して」いるという。塗装に手間が掛かる「ソウルレッドプレミアムメタリック」ボディ・カラーの採用や、写真で見ても質感の高そうなインテリアと上級モデル並みに充実した装備は、確かに「妥協のない理想形」であることはよく分かる。あとは市販化される際にそれが価格にどれだけ「跳ね返る」か、少々心配。

新型デミオとして発売される日を心待ちにしながら、マツダの公式画像に加えて、現地で撮影されたAutoblogオリジナルの写真、そして内外装を映すだけで12分超にも及ぶビデオで、"最も小さな魂動デザイン"を存分にご堪能いただこう。


By Hirokazu Kusakabe

Flash Player is needed to view videos on this site. Please download the newest Flash Player and come back.


Flash Player is needed to view videos on this site. Please download the newest Flash Player and come back.



■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Mazda Hazumi Concept Photos

Related Gallery:Mazda Hazumi Concept: Geneva 2014 Photos

【PR】次期型デミオの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Mazda Demio and Verisa Special Editions

Related Gallery:2011 Mazda2 Review

Related Gallery:Mazda Takeri concept

Related Gallery:Mazda Takeri : Tokyo Motor Show 2011

Related Gallery:Mazda Shinari Concept

Related Gallery:Mazda Atenza

Related Gallery:Mazda Axela

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 08: AIWA

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 05