ホンダ、ジュネーブ・モーターショーで「シビック TYPE R コンセプト」を発表!
ホンダの英国法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは3月4日、開幕したジュネーブ・モーターショーにおいて次期欧州向け「シビック TYPE R」のデザインの方向性を示すコンセプト・モデル「シビック TYPE R コンセプト」を発表した。

Related Gallery:Honda Civic Type R Concept

欧州で販売されている「シビック」の5ドア・ハッチバックをベースとする"次期欧州向け「シビック TYPE R」"は、ホンダのスポーツ・モデル「TYPE R」史上初となる過給器付きエンジンを採用する予定。ホンダによれば「走りと燃費性能を高次元で両立させる新世代パワートレイン技術群"EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)"の一つとして、280馬力以上の最高出力を目指して開発中の"2.0L直噴ガソリンターボエンジン"を搭載し、加速性能、ハンドリング、燃費性能を高次元で両立したモデル」になるという。



今回、「コンセプト・モデル」として公開されたエクステリアでは、「ダウンフォースを高めてドラッグ(空気抵抗)を減らす」というアグレッシブなフロント・バンパーや、ボディ・カラーとのコントラストを見せるフロント・スポイラーとサイドスカート、LEDストップ・ランプ内蔵の大型リア・ウイングなどが特徴。これらのデザインには「ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにおける開発テストの結果が反映されている」という。

赤い縁取りが施されたホイールは20インチ。245/30ZR20というサイズのコンチネンタル製タイヤが装着されている。その内側にブレーキのドリルド・ディスクと赤く塗られたブレンボ製キャリパーが見える。ボンネットと前後フェンダー後方にはエア・アウトレットが開けられているが、先日US版記者による試乗記をお届けした市販モデルのプロトタイプには見られなかった(ということは冷却のために必ずしも必要というわけではない?)ので、これらはひょっとしたらショー向けの"お化粧"かも知れない。同様に、市販モデルでは19インチ・ホイール+235/35R19タイヤが標準になると思われる。




市販モデルは欧州で2015年に発売が予定されており、おそらくその時までには「ニュルブルクリンクFF車最速ラップを記録」という報せが届くはずだ。気になる日本市場への導入だが、ホンダからは今のところ何もアナウンスがない。市販モデルの生産はイギリスのスウィンドン工場になると見られるので、もし日本で販売されるとしたら、先々代(2代目)「シビック TYPE R」先代「シビック TYPE R EURO」と同様に「輸入車」となるだろう。

ジュネーブの会場から写真が届けばまたご紹介する予定なので、まずは"このまま売って欲しい"という声が聞こえてきそうな公式画像とビデオをご覧いただきたい。US版記者によるプロトタイプの試乗記は以下のリンクから是非どうぞ。

【短評】「2リッターVTECターボはモンスターだ!」 ホンダ「シビックType R」プロトタイプ


By Hirokazu Kusakabe



■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Honda Civic Type R Concept

【PR】シビック TYPE Rの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:Honda Civic Type R

Related Gallery:2015 Honda Civic Type R Prototype Photos

Related Gallery:honda civic typer

Related Gallery:2015 Honda Civic Type R testing

Related Gallery:Civic Type R Spy Shots Photos

Related Gallery:2012 Honda Civic Five-Door (Euro Spec) Photos

Related Gallery:Honda Civic 2008 Monte Carlo Rally Replica

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 08: AIWA

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 09

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 06