フォード、新デザインに新エンジン・新機能を搭載した「フォーカス」を発表!
フォードは24日、内外装デザインを変更するとともに各部に改良を施した新型「フォーカス」を発表した。

Related Gallery:Ford Focus

今回登場した新型フォーカスは、2011年に発表された3代目モデルの内外装をリデザインし、シャシーや足回りに改良を施して、新たな機能とパワートレインを追加したもの。いわゆる日本でいうマイナーチェンジにあたるが、エクステリアは「ワン・フォード・グローバル・デザイン・ランゲージ」と呼ばれる最新のデザイン言語によって、フロント・バンパー、ボンネット、グリル、トランクリッド、前後ランプ類が刷新され、妹分の「フィエスタ」にも似た"アストンマーティン風"の顔に生まれ変わった。ボディ・カラーにも「ディープ・インパクト・ブルー」や「グレイス・ブルー」という新色が採用されている。

インテリアはユーザーから寄せられた意見を反映し、スイッチ類を減らすなど、直観的に操作できるレイアウトに修正。コンソールには収納スペースやドリンク/カップ・ホルダーが追加されている。さらに、カーペットやサイド・ウインドウの厚みが増したことによって静粛性も高まっているという。



パワートレインは、昨年ヨーロッパでフォーカスを購入する人の1/3が選んだという1.0リッター直列3気筒直噴ターボ「EcoBoost」(100ps・125ps)の環境性能を改善。ガソリン・エンジンのファミリーカーではヨーロッパで初めてCO2排出量が100g/kmを切ったという。そして新たに1.5リッター直列4気筒版のEcoBoost(150ps・180ps)と、1.5リッター・ディーゼル「TDCi」(95ps・120ps)が追加されている。トランスミッションはエンジンによって、5速MT、6速MT、6速AT、6速デュアルクラッチAT「パワーシフト」のいずれかが組み合わされる。また、AT車では嬉しいことに、ステアリング・ホイールから手を離さずにマニュアル・シフトできるパドルシフトがオプションでようやく用意された。

シャシーに関しては、ハンドリングとステアリングのフィールを改善するため、足回りのブッシュや車体フロント部の剛性を上げ、ショックアブソーバーとサスペンション・ジオメトリ、そしてESP(車体安定制御装置=横滑り防止装置)の設定を見直したという。電動パワーステアリングも、より路面の感触をドライバーに伝えるように調整されている。



今回、新しいフォーカスが発表されたのは、スペイン・バルセロナで開催されている世界最大級のモバイル関連展示会「Mobile World Congress 2014」の会場だった。そこでフォードは、新型フォーカスと同時に「SYNC 2」と名付けられた新しいイン・カー・コネクティビティ・システムを初公開。これは従来の「SYNC」の発展型で、8インチ・タッチスクリーンと音声コマンドを使ってナビゲーションやオーディオ、エアコン、接続した携帯電話などの様々な操作が行える。例えば「車内温度20度」と言えばエアコンがその通りに設定されるし、「お腹が空いた」とつぶやけばミシュランのレストラン・ガイドから近くにあるお店のリストを表示してくれるそうだ。現在日本で販売されているフォード車のSYNCは英語にしか対応していないのだが、果たしてSYNC 2は日本語も理解してくれるだろうか。

さらにバルセロナでは、従来の「Active Park Assist」が進化した"ハンズフリー"駐車支援機能「Perpendicular Parking」も紹介された。これを使えばドライバーはアクセルとブレーキを操作するだけで、自動的にステアリングが制御され、縦列駐車や車庫入れが行われる。車体後部には新たに2個のセンサーが追加されている。

精悍になったヘッドライトのデザインに合わせて、「Adaptive Front Lighting System」にも改良が施された。これは夜間の走行中にバイキセノン HIDヘッドライトの向きや光量を自動的に調節する機能だが、例えば高速道路を走行している時には遠くまで真っ直ぐに照らし、街灯で明るい夜の街中を低速で走る際にはヘッドライトの灯りはより広角に、下向きに照射されるという。また、交差点をゆっくりと曲がる場合は歩行者や自転車が発見しやすいようにヘッドライトはより内側を向き、高速でコーナリングしている時はコーナーの先を照らしてくれる。



新しいデザインと改良されたパワートレイン、そして数々の新機能を搭載した新型フォーカスは、3月4日に開幕するジュネーブ・モーターショーでも公開された後、ヨーロッパでは2014年後半から販売開始される予定。ただし1.5リッターEcoBoostとATの組み合わせは遅れて2015年に導入されるという。日本に来るのはそれからだろうか。

筆者がフィエスタを試乗した際に気になった点(煩雑なスイッチ類、マニュアルシフトし辛いスイッチ、パワーステアリングの感触など)が、どうやら新型フォーカスでは改善されているらしい。フィエスタのスタイリングやEcoBoostエンジンの印象は良かったので、それを受け継ぐフォーカスの進化にはかなり期待できそうだ。そのテクノロジーとデザインについては、以下にご紹介する公式ビデオをご覧いただければ。


By Hirokazu Kusakabe





■関連フォトギャラリー
Related Gallery:Ford Focus

【PR】フォーカスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:2013 Ford Focus ST First Drive Photos

Related Gallery:Ford Focus ST Customs: SEMA 2013 Photos

Related Gallery:Detroit 2010 Next-Gen Ford Focus

Related Gallery:Geneva 2010: Ford Focus Wagon

Related Gallery:Ford Fiesta

Related Gallery:Ford Fiesta 1.0 EcoBoost 2014

Related Gallery:2014 Ford Fiesta ST: Quick Spin Photos

■人気フォトギャラリー
Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 08: AIWA

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 09

Related Gallery:Tokyo Auto Salon 2014 Companion Girls 04